金沢で手抜きやミスを防ぎ、設計事務所とつくる注文住宅

2017年7月4日

● 金沢で手抜きやミスを防ぎ、設計事務所とつくる注文住宅

 
こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

金沢で、工事のミスや手抜きを防ぎ、建築設計事務所と共に、安心の注文住宅を建てれます。

工事現場をしっかりと監理して、安全、安心の家づくりができます。

工事は信頼できる工務店さんに発注しています。

ですが、図面だけでは職人さんひとりひとりに伝えきれない内容や、納まりなどを、的確に工事に反映させるために、設計図面書いた建築士が、設計図面通りに工事が現場で行われているか?を確認することが重要です。

きちんとした設計事務所の現場監理が必要です。

また、注文住宅は一品生産です。

つまり人の手で一棟一棟、物づくりをするということ。

同じ部材を使って組み立てていく、大量生産のハウスメーカーとは異なり、一棟一棟がオリジナル、世界にひとつだけの注文生産品です。

このような状況では、職人さんの思い込みも無いとは言えません。

図面を書いた一級建築士が、現場を監理することで、設計図面に描かれた、あなたのこだわりを、しっかりと伝えることができます。

建築士と工務店、大工さん、職人さんが設計図をもとに、現場で顔を突き合わせ、すり合せすることで、それぞれの思い違いやミスを未然に防ぐことができます。

一級建築士事務所 A-box設計室では、チェックリストに沿って、工程ごとにチェックをしていくのを標準としています。

概ね、毎週2~3回程度現場にてチェックや指示をすることで、ミスや手抜きのない、安心の注文住宅になります。

金沢で建てたあとも、安心の注文住宅ができますよ!

家づくりの要望は、半年、1年で考えたものではなく、妻の10年近くの研究の末にまとめたものです。

進藤さんは、これらの要望をほぼ完璧に叶えてくれました。

進藤さんをはじめ、さまざまな方が関わって新しい家が建ちました。

今振り返ってみると、妻の熱意がそのまま家に反映されているようです。

ホントによかったです。

具体的な現場監理のポイント

1)地盤調査

設計前に地盤の状態をチェックします。

表面波探査法によってとれた詳細なデータを元に設計していきます。

阪神大震災以降、地盤調査、地盤改良、基礎の設計については、木造在来工法においても重要性が増しています。

建築基準法も強化され、地盤保証なども制度化されています。

その元のデーターとなる地盤調査、より精度の高い、表面波探査法を採用することで安心・安全の注文住宅になります。

2)地縄張り

建物の大まかな位置、地盤面の設定などについて問題がないか確認します。

大まかではありますが、非常に重要なポイントですので建築主に確認して頂く場合もあります

3)遣り方

建物の位置、GL設定(地盤面の設定)について細かく確認し、決定します。

屋外排水勾配がとれるかどうかも確認します。

基礎根切り底の状態を地盤調査と照合します。

地縄張りの決定事項をベースにさらに確認します。

道路斜線制限や北側斜線制限など配置や高さが厳しい場合とりわけ慎重に行います。

4)基礎工事

鉄筋のサイズや間隔、重ね長さ、端部の処理、かぶり厚の確認。アンカーボルトの種類と位置。

設備用スリーブのサイズ、位置。

コンクリートの品質確認。コンクリート打設のスケジュール、養生方法の確認。

基礎周辺部の下がった部分はジャンカが出来やすい為、打設時には突き棒作業を行い、さらにコンクリート内の空気を出して均一なコンクリートとするため木槌で叩く作業を行います。

5)構造材発注前、上棟

構造材はプレカット図面と構造図面との照合、図面承認。ジョイント金物チェック。

事務所が作成した構造図とプレカット業者が作成した製作図を、相互に何度も調整・修正し間違いのないレベルになるまで作業を進めてから発注します。

6)構造軸組・屋根

各構造材の取り付け全般を確認します。

特に筋交い金物の位置や取り付け具合。

屋根の防水処理について確認します。

また建築確認検査機関による中間検査に立ち会います。

2009年より瑕疵担保履行法により第三者の検査が義務付けられますが、その検査では全く十分とは言えません。

日頃の監理を十分に行う事で、品質管理がしっかりできた注文住宅になります。

7)外壁廻り

外壁およびサッシなどの防水処理が、きちんとなされているか確認します。

サッシ周りの不適切な防水処理が、漏水の原因となります。

徹底的にチェックを行うことで雨漏れ対策できます。

10年、20年後も雨漏りしない外壁施工で、安心の注文住宅になります。

8)内部各種工事

塗り壁やタイルの下地状況を検査し、コンセントや照明、スイッチなどの電気設備位置、および給排水器具取り付け位置を確認します。

木工事・給排水工事・電気工事それぞれの調整が十分必要になります。

工程的にも複数の業種の職人さんが一度に現場で作業します。

位置確認だけでなく、相互のコミュニケーションを大切にしてスムーズな工事の進捗をうながします。

9)内部造作

窓枠やドア枠、その他造作材の納まりを確認します。

特に電気や給排水、家具などとの納まり具合に注意します。

図面も万能とは言えないため、現場の状況に応じて調整を行う場合も有ります。

10)仕上げ工事

内装仕上げをはじめ、造作家具、電気設備、給排水設備などの取り付け状況確認。

また、外部や外構についても仕上がりを確認します。

11)設計事務所の竣工検査

建具、サッシなど一式建て付け状況、各種設備機器試運転、外構工事検査を行い、工事費用の増減についても最終確認します。

また、建築確認審査機関による竣工検査の立ち会います。

12)施主検査

施主による最終確認に立ち会い。疑問点など解決してゆきます。

13)竣工引き渡し

これまでの検査で確認した問題を解決し、引き渡しを行います。

家の鍵をお渡しする時に、保証期間内のスケジュールを説明して、トラブルが生じた場合の連絡先など確認します。

自分達の予算では、厳しいのは十分理解していました。

一生一度の大きな買い物に、妥協はしたくない、という思いもありました。

最初のプランで、私達の要望を盛り込んでもらっていて、とても気に入りました。

このままでお願いします!と言ってしまいそうになりました(笑

予算は少しオーバーしましたが、長い目で考えれば、妥協できる範囲でした。

無事完成し、家族全員笑顔で生活しています。

 

私たちの希望や質問に、ていねいに答えていただいたり、迅速な対応に、大変満足致しております。

職人さんたちの、明るい雰囲気、楽しそうに作業されていました。

毎日、作業の終わったあとも、整理整頓されている様子に感心していました。

 

ブログの印象では、とことん施主と向き合ってくれるところ、という印象を受けました。

これは予想通りで、本当に私たちのこだわりをよく聴いてもらいました。

 

毎週2~3回、現場にてチェックや指示をすることで、ミスや手抜きのない、安心の注文住宅になります。

建築士と工務店、大工さん、職人さんが設計図をもとに、現場で顔を突き合わせ、すり合せすることで、それぞれの思い違いやミスを未然に防ぐことができます。

あなたがとことんこだわった家づくりの理想を追求できます。

金沢で、工事のミスや手抜きを防ぎ、建築設計事務所と共に、安心の注文住宅を建てれます。

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

金沢市でマイホームの設計「A-box設計室」
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢でマイホーム、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP