完全分離型の二世帯住宅の間取り、平面で分離もしくは、上下で分離、2通りの考え方があります。

2015年12月9日

● 完全分離型の二世帯住宅の間取り、平面で分離もしくは、上下で分離、2通りの考え方があります。

こんにちは、進藤です。

二世帯で暮らすと言っても、今は完全分離型の間取りを求める方が多いですね。

敷地の形状、方位、道路の付き方でいろいろパターンは、変わってきます。

ですが、完全分離型なら、基本、平面的に分離するか、1階、2階の上下で分離することになります。

・横方向、平面で分離するとこうなります。

text3076-9-8-4

 

・1階、2階、上下で分離するとこうなります。

text3076-9-8-5

 

親世帯は、殆どが2人、もしくはひとりで住まう。

それに対して子世帯は、2人~お孫さんの数だけ、必要になってくる床面積、坪数が増えます。

どちらにせよ、今の時代、親世帯、子世帯がきっちり別れることでお互い暮らしやすいのかもしれませんね。

完全分離型の二世帯住宅にすれば、お互い暮らしやすくなりますよ!

 

金沢市で注文住宅の設計「A-box設計室」
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
電話予約076-298-6040

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP