金沢で住まいを長持ちさせる外壁リフォーム

● 金沢で住まいを長持ちさせる外壁リフォーム

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

金沢で住まいを長持ちさせる外壁リフォーム

外壁が劣化する原因は、漏水からくることが多いのです。

窯業系のサイディングであれば、現場で加工したり、切ったりした小口の処理が大切になります。

工場で加工されたサイディング製品の端部なら、キッチリとコーティングされています。

そこから、水が浸み込んで漏水することはありません。

金沢で住まいが長持ちする外壁リフォームになります。

本当に良かったと満足しております。

現場監督を始め、職人さん、大工さんのおかげで、このように明るい部屋ができました。

素足で歩くのも気持ちいいし、来る人みんな、良い部屋になったねと、ほめてくれて、とても嬉しく思っています。

 

外壁、屋根、サッシの色決めを行いました。

外壁、屋根ともガルバリウム鋼板を用います。写真上が日陰での写真、下が日なたで撮った写真。

日陰と日なたでは、本当に色の見え方が違います。

屋根は上の写真一番右端の「銀黒」に決定。

この色、太陽が当たるときと当たらないときで、色の見え方がホントに違うんです!

ちょっと感動しました。

外壁は迷ったんですが、黒にしました。

(下の写真の真ん中)右の色だと、汚れが目立たない、そして、サッシの色と合うという意見もありましたが、妻の「黒がいい!」の一言で決定(笑)。

サッシの色は、予定どおり、シルバーに決まりました。

内装の白にマッチした色です。

外壁色とのバランスはちょっとわかりませんが、内装優先、あまりこだわらないので、これでよし。

これに伴い、玄関ドアの色もシルバーで統一することに。

これからも、いろいろなことを最終的に決めていきます。

今日は、工務店の監督さんも一緒においでたので、より活発な意見交換ができたと思っています。

どうもありがとうございました。

 

私たちの希望や質問に、ていねいに答えていただいたり、迅速な対応に、大変満足致しております。

職人さんたちの、明るい雰囲気、楽しそうに作業されていました。

毎日、作業の終わったあとも、整理整頓されている様子に感心していました。

 

現場で加工した、切れ端となる小口は、表面仕上げのコーティングなどしてない訳で、水に対して無防備になっています。

常にそこが濡れている状態だと、そこから劣化します。

冬に凍りついた小口は、まさしくその状態です。

10年ほどでボロボロになってしまう、サイディングがあるのは、その為です。

窯業系のサイディングの現場加工は、慎重な施工が大切になります。

金沢で外壁リフォーム、ガルバリュウム鋼板の外壁を長持ちさせるコツがあります。

ガルバリュウム鋼板を採用して、徹底的に水切り、端部に水が溜らない、寄付けない。

ガルバリュウム鋼板の場合は、鋼板の端部、たとえば開口部と取合うところ、基礎の立ち上がりと取合うところ等で、しっかり水が切れるようにしておくことが大切です。

雨水が切れて、溜らない、抜けていく加工、施工で漏水はなくなります。

たとえ壁の中に水が回ったとしても、シートと壁体内の通気が出来ていれば、滞ることはありません。

通気工法を採用して、長持ちする外壁リフォームができます。

ガルバリュウム鋼板で、外壁を張替リフォームできます。

住まいの寿命も延びます。

金沢で外壁を長持ちさせる張替リフォームができますよ!

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

金沢市で注文住宅の設計「A-box設計室」
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP