タッチレス水栓のメリット&デメリット、パナソニックとリクシルの自動水栓を徹底比較

2019年7月7日

● タッチレス水栓のメリット&デメリット、パナソニックとリクシルの自動水栓を徹底比較

 

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

便利なタッチレス水栓の付いたキッチンになりますよ!

タッチレス水栓は、すべての国産キッチンメーカーで用意されている訳ではありません。

絶対にタッチレス自動水栓が欲しい!となると、選択肢はパナソニックかリクシル、もしくはKVKになります。

(クリナップのキッチンにもナビッシュOEMが付けれます。)

手をかざせば、水が出る、止まる、調理中の汚れた手でレバーに触らなくて済む、快適なタッチレス水栓がキッチンに付きますよ!

タッチレス・自動水栓のメリット

・水栓に手を触れずに水が出せる、止めれる。

・泡の付いた手で触れないので水栓が汚れにくい。

・水を出しっ放しがない、こまめに節水できる。

5歳の息子も、手をかざすだけなので、タッチレス水栓が使えます。

食事のあとの食器を、自分で水につけてくれるようになりました。

あと、オープンキッチンのダイニング側からも使えます。

手が調理などで汚れている場合、かなり役立ちます。

汚れている手で、水栓のレバーは触りたくないですもんね。

 

とにかく便利です。おススメです。

水圧、水温とも変えることができます。

付けると高額だとか、センサーが壊れたら、修理代もバカにならないってことは、気になると言えば気なります。

でも何を付けてもいずれは、壊れます。

便利さとコストを天秤にかけて、どちらを選択するのか?ですね

今のところ、後悔は全くありません。

 

良いところは、ひき肉をこねた汚れた手で、水栓を触らず、手を洗える点です。

水栓の根本に、水滴が溜らないので水垢になりません。

以前のキッチン、水栓の根元にたまる水垢と、しょっちゅう格闘していました。

それが無いだけでも、ハンズフリー水栓、とっても満足しています。

 

私が絶対欲しい!といって付けてもらいました。

主人も正解だったと喜んでいます。

ちなみにトイレの水栓も自動です。

洗面化粧台は必要ないね、と言って付けませんでしたが、2年経って、やっぱり付けておけば良かったと後悔しています。

 

 いろいろオプションでつけましたが、その中でも一番のヒットがタッチレス水栓です。

こんなラクだなんて、思っていませんでした!

確かに、はじめは慣れなくて少し触っただけで、水が出てビビリましたが、とにかく水栓の根元の部分が、水垂れしないので掃除がラクです。

今日も息子とハンバーグをこねていました。

ヒジをセンサーにかざすだけで水が出て「ラクだね~」と絶賛。

他の部分で、予算を削ってでも自動水栓にして、よかったと思っています。

 

調理中、手が汚れている時に、蛇口を汚さずに手を洗うことが出来ます。

蛇口に水滴がつかないので、水垢がつきません。

不満な点はセンサーが敏感すぎること(笑

ちょっとうざい時があります。

 

LIXILのタッチレス水栓を使っています。

浄水器も一緒になっててスッキリしています。

とても気に入っています。

今まで一度も壊れた事ありません。

浄水器カートリッジの交換に年に1万かかるだけです。

実際かなり便利です。

実家が新築しますが、絶対にタッチレスにした方がいいよ!とプッシュしています。

水圧も手動で変えられます。

私がこれじゃなきゃ嫌だと言って付けましたが、主人も正解だったと言っています。

ちなみにトイレの水洗も自動です。

洗面もタッチレス水栓にすればよかったと後悔してます。

 

安心して美味しい水が飲めるのが一番イイですネ♪

お手入れもラク、取替えのタイミングを知らせてくれるのも助かります。

 

シャワー水栓が伸びるので、サッとシンクを水洗いできます。

毎日シンクを洗うのですが、磨いた後の泡を落とすのに、手で水をかけていては、なかなか綺麗になりません。

アパート時代の小さなシンクは、手で十分事足りていたのですけど

あとハンドシャワー水栓は、容器に水を入れる場合などにも重宝しています。

 

Panasonic スリムセンサー水栓

(パナソニックのwebサイトからお借りしてます。)

ハンバーグをこねた手で、触らなくていいので、水栓まわりがキレイに保てるタッチレス水栓が、キッチンに付きます。

ひじをセンサーにかざすだけで水がでる、ラクです。

こまめに入り切りできるので、節水にもなります。

節水モードを使えば、4人家族で、1日10Lの節水ができます。

1年間で、2Lのペットボトルなら1800本分の節水になります。

流量・温度は、5段階ボタン操作で設定、ランプで表示されます。

凸凹や継ぎ目の少ない、スリムでスッキリした表示デザインで操作も簡単です。

シャワーヘッドは引き出して使えるので、シンクの水洗いなどに便利です。

高性能カートリッジ搭載、浄水器一体タイプも付けれます。

手をかざすだけなので、小さな5歳のお子様でも、自分でキッチンの水栓を使えるようになります。

食事のあとの食器を、自分で水に付けてくれるよになります。

デザインもすっきりして、遊びに来た友達も好評のキッチンになりますよ!

絶対つけた方がいい、タッチレス水栓がキッチンに付きます。

他の予算を削ってでも、タッチレス水栓を付けて良かった!と思ってもらえます。

メーカー希望価格:\109,000~\159,000

⇒ Panasonic スリムセンサー水栓の機能とバリエーション

LIXILのナビッシュ

ナビッシュは、スタイリッシュなグーズネックのタッチレス自動水栓です。

吐水口が引き出せるハンドシャワー水栓で、浄水器一体型も選べます。

浄水器は、コンパクトなカートリッジで、スタイリッシュなグーズネックのデザインを損なうこともありません。

(LIXILのwebサイトからお借りしてます。)

水量、温度設定は手動弁(写真水栓の根本)で操作します。

・吐水口先端センサー

吐水口先端のセンサーに手をかざすだけの楽々操作。

調理中、手が汚れている時に、蛇口を汚さずに手を洗うことが出来ます。

その他、検知音が出るので、耳でも操作を確認できます(検知音はオフにもできます)。

※検知音は付かない機種もあります。

・お掃除楽々台座

台座がスカート状になっているので、キッチン水栓で最も汚れが気になる水栓下部の汚れを「サッ」とひと拭きでお掃除できます。※付かない機種もあります。

水滴が仮に付いたとしても、ハンドシャワーのホースを伸ばせばサッと洗えます。

水栓の根元にたまる水垢と、格闘することも無くなります。

・光の色で水温がわかるルミナスサイン

光の色の変化で吐水温度を表示。一目で適温かどうかわかります。※付かない機種もあります。

・お湯の使い分けができるエコセンサー

お湯を無意識に使うことがないため無駄な給湯エネルギーを使いません。

使用場面に合わせてお湯と水を使い分けることで、従来品と比較して約38%の省エネ効果が期待できます。※付かない機種もあります。

浄水器ビルトイン型もあります、安心して美味しい水が飲めるようになります。

メーカー希望価格:\78,000~\159,000

⇒ LIXILタッチレス水栓 ナビッシュの機能とバリエーション

Panasonic スリムセンサー水栓とLIXILナビッシュの比較

・基本、両社とも手をかざして吐水、止水ですが、リクシルには吐水口先端センサーも付いています。

・水量、温度の設定の仕方が異なります。

リクシル ナビッシュは手動弁で調整し、それを光の色の変化で温水を識別できます。

パナソニック スリムセンサー水栓は5段階のボタンで設定したものがランプで表示されます。

ナッシュビルは手動なので微調整が必要です。

裏を返せば、微調整ができると捉えることもできます。

・デザインの違いがあります。

個人的な好みで言えば、よりスタイリッシュなグーズネックのナビッシュに一票です。

・センサーの感度は日々進化してきた感があります。

メーカーの差、機種によっての差が若干ありますので、是非ショールームで確認してください。

・シャワーホースも浄水器一体型も両社ともにあります。

キッチンのタッチレス水栓のデメリット

・センサーの反応が良すぎる、えっ何に反応したの?って時がある

・水量、温度の調整までセンサーでできない

・存在感あり過ぎという方もいます(笑)

デメリットという訳ではありませんが、ミーレ、ガゲナウの食洗機をキッチンにつける時、食器はシンクでは洗わないので、タッチレス水栓は不要かもしれません。

その他のタッチレス・ハンズフリー水栓

KVKのセンサー水栓

国産水栓メーカーKVKからもタッチレスのキッチン水栓が商品化されています。

水栓の形状はグーズネックタイプとL型水栓、2つの形状が用意されています。

L型のタッチレス水栓が欲しいとなると、KVKのキッチン水栓になりますね。

泡の付いた手でも水栓に触れず、手をかざすだけで吐水・止水ができます。

水栓を汚さずに済みますよ。

シャワーヘッドが引き出せるので、広いシンクの洗い流しがラクにできます。

浄水器一体型も、グーズネック、L型水栓共に揃っています。

カタログ価格 ¥99,500~¥181,200になります。

⇒ KVKのセンサー水栓の機能とバリエーション

TOTOフットスイッチユニット

TOTOに、既存のキッチンに取付できるタッチレス水栓があります。

フットスイッチユニット、吐水も止水も足元で操作します。(足先でトンとタッチ)

タッチレス水栓、ナビッシュ・スリムセンサー水栓 まとめ

タッチレス水栓のメリットは、手を触れずに吐水・止水できる。

触らなくて良いから汚れにくい。

出しっ放しが無いので節水できる、です。

デメリットはセンサーの感度が良すぎるときがある。

水量・温度まではタッチレスではない、ですね。

タッチレス水栓は、今のところパナソニックのスリムセンサー水栓と、LIXILのナビッシュ、国産水栓メーカーKVKのセンサー水栓があります。(クリナップでもナビッシュが付けれます。)

3社を比較すると、個人的には、吐水口先端にもセンサーが付き、お掃除楽々台座のある、よりスタイリッシュなデザインのナビッシュが一歩リードというところです。

TOTOには足元で操作できるタッチレス水栓があります。

シャワー水栓が伸びるので、サッとシンクを水洗いできます。

手をかざせば、水が出る、止まる、調理中の汚れた手でレバーに触らなくて済む、快適なタッチレス水栓がキッチンに付きますよ!

根元にたまる水垢と格闘することがなくなります。

スタイリッシュなグーズネックのタッチレス水栓がキッチンに付きます♪

使いやすさを追求したキッチンを一緒につくっていきませんか?

 

その他こちらの記事も読んで頂いてます。

⇒ Panasonic スリムセンサー水栓の機能とバリエーション

⇒ LIXILタッチレス水栓 ナビッシュの機能とバリエーション

⇒ KVKのセンサー水栓の機能とバリエーション

⇒ リクシル(LIXIL)システムキッチンの特徴、リシエル、アレスタ、シエラを比較

⇒ パナソニックシステムキッチン、Lクラス、ラクシーナ、人気のマルチワイドIH

⇒ システムキッチンメーカー徹底比較&ランキング、プロお薦めキッチンvsユーザ満足度

 

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP