子供部屋の間取りレイアウトを間仕切りで可変できます。

2017年10月5日

● 子供部屋の間取りレイアウトを間仕切りで可変できます。

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

お子様の成長に対応できる、柔軟性のある子供部屋になります。

お子様が2人以上いらしゃるご家庭であれば、竣工当初は、細かな間仕切りで区切る子供部屋では無く、大きな空間構成、レイアウトの部屋にしておきます。

ただし、後から付ける間仕切り壁を想定して、必要なところには、柱や梁をあらかじめ配置した間取りになります。

お子様が小さなうちは、大きな空間で兄弟、姉妹でふれあえる子供部屋になります。

本当に個室が必要になる中学生くらいのタイミングで、間仕切りで仕切って個室をレイアウトできます。

子供の成長に合せて、間取りレイアウトを間仕切りで可変できる子供部屋ができます。

子供たちの成長と共に、家を建てることを考えるようになりました。

木の家を建てたいと思っていたこと、開放感があり全てにオープン的な設計が気に入り、進藤さんに設計を依頼しました。

動線に合わせ、必要な所に収納棚があるのは大変使いやすく、広々としたウッドデッキは、外での作業を楽しくさせてくれました。

家を建ててから、アウトドアの趣味が増えています♪

家族みんなが自然と集まるリビングで、毎日楽しく快適に過ごしています。

無垢のフローリングは、大変気持ち良く、遊びに来て下さる友達からも好評です。

 

我が家は、間仕切りがあまりない間取りなので、部屋の使い方を子供の成長に合わせ、あれこれ考えるのも楽しいです。

吹き抜けを通じた2階の子供部屋との距離感もいいですね。

とにかく家での生活が楽しいです。

子供部屋は、ドアを2ヵ所設けて、将来は2部屋に仕切れるようにしてもらいました。

子供が成人して巣立った後は、また壁をなくして、オープンスペースで広い間取りに戻すこともできます。

子供が小さい時に家を建てる場合は、このような変更の利く間取りがおすすめですよ。

 

とても快適です。

子供達は、ロフトを秘密基地のようにして、楽しく遊んでいます。

収納棚が多い為、とてもすっきりした空間になって、子供達が走り回っています。

リビングも解放感いっぱい、家族全員リラックスして、楽しく生活しています。

 

兄弟の男女構成や年齢差によっては、間仕切り壁や仕切るドアは、必要ない時もあります。

場合によっては、家具(本棚やクローゼット等)で仕切るだけで、充分ということもありますよ。

あとから間仕切壁を可変的に配置できる、間取りの子供部屋になります。

家族の変化していく年齢構成に対応して、部屋のレイアウト、間取りを可変できるマイホームになります。

大きな空間の子供部屋に、ドアを2ヵ所設けて、将来は2部屋に仕切れるようにしておけます。

お子様が巣立った後は、また大きな空間に戻すこともできます。

そのままゲストルームとして使ったり、里帰りの時には、お孫さんの遊び場になりますよ。

家族の集まる1階のLDKと吹抜けでつながる、2階の子供部屋になります。

お子様とイイ距離感で過ごせるマイホームになります。

金沢で、子供の成長に対応できる子供部屋になります。

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

金沢市で注文住宅の設計「A-box設計室」
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP