人気食洗機ミーレ(お薦めフロントオープン)海外製と国産ビルトイン比較

2021年5月25日

● 人気食洗機ミーレ(お薦めフロントオープン)海外製と国産ビルトイン比較

 

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

ミーレの食洗機があなたのキッチンに付きますよ!

ミーレなら鍋からフライパン、食器まで全て入れられて、一気に後片付けができます。

カレーのお鍋、油の付いたフライパン、そのまま入れてOKです。

ミーレの食洗機は共働き、手荒れがする、水仕事の嫌いなあなたにとっては必需品になります。

一度使ってしまうともう手放せません。

まとめ洗いすれば電気代&水道代も節約することができます。

働き者の家政婦さんがいるキッチンになりますよ♪

あなたの手荒れも無くなります。

ミーレの食洗機があなたのキッチンに付きますよ!

大容量、洗浄力の高い食洗機は?国産と海外製(ミーレ等)を徹底比較

海外製のミーレの食洗機なら一度に12人分、家族4人なら、1日分の食器が一度に洗えます。

大容量、油汚れが落ち、洗い残しがないのは海外製のミーレやガゲナウです。

海外製の食洗機なら、カレーのお鍋やフライパンなど、食器以外の大きなものも洗えます、

ミーレのビルトイン食洗機、60cmを使っています。

働き者の家政婦さんがいるようで、毎朝感謝しています。

全てピカピカです。

カレーのお鍋、油の付いたフライパン、そのまま入れています。

予洗い不要です、ザックリと残飯は捨てますが、なるべく残さないようになりました^^

 

お皿やカップなど汚れは全くなありません、キレイに乾燥していますよ。

友人や親戚が集まって、ホームパーティ等を開催することが多くなりました。

その際には重宝してます。

 

ミーレの食器洗い機はかなりのメリットがあっておすすめです。

一日分の食器が一度にまとめ洗えるので、共働きの方、手荒れがする方、水仕事の嫌いな方にとっては必需品です。

油汚れや焦げたなべ底、茶渋や水筒の底部分も予洗いなしで洗えます。

一度ミーレを一度使ってしまうともう手放せません。

まとめ洗いすれば電気代&水道代も節約することができます。

 

ミーレの食洗機の60サイズを選びました。

出来れば1日1回、寝る前にタイマーセットで使いたいと思ってました。

メーカーの方が、お鍋やボウルなどの調理器具も入れるとなると60サイズの方がおススメですよ♪と言ってました。

45サイズでも60サイズでも使う水道料金や電気代はそんなに差がないとも

友達もミーレの60サイズを使っていていっぱい入って便利だと言っていました。

家族は4人です。

45サイズと60サイズで迷いましたが、結果60サイズを選んで良かった!と思ってます。

 

食洗器は水を節約できます!

追加やオプションのうん十万円は徐々に取り返せます。

また、食洗器をおすすめする絶対的な理由として 時間の節約 (汚れた食器を食洗器に移しキレイになったら食器棚に並べる)洗うという手間が全く不要になります。

 

鍋からフライパン、食器まで全て入れられて、一気に後片付けができます。

手荒れもなくなり、本当に助かっています。

 

ミーレの食洗機は、3段の引出しの最下段は、高さがあるので、フライパンや魚焼きグリルを入れることができます。

魚焼きグリルのような、油汚れもそうですが、臭いが手についてしまうモノまでがキレイになります。

その他、ボールやザルも入ります。

国産の食洗機と比較して、海外製の食洗機の最大のメリットは、一度に大容量の食器が洗える事です。

予洗いなしで、油汚れも落ちます。

手荒れもなくなりますよ♪

容量比較 ミーレ食洗機vsリンナイ・パナ食器洗い乾燥機

・ミーレ 幅60cm 容量160L(約12人分)フロントオープン

・ミーレ 幅45cm 容量113L(約7人分)フロントオープン

・リンナイ 幅45cm 容量66L(約8人分)フロントオープン

・パナソニック 幅45cm 容量60L(約6人分)深型引出し式

ミーレの幅60cmは160L(約12人分)の大容量になります。

家族4人なら×3回(朝昼晩)の食器が一度に洗えますよ。

国産の食器洗い乾燥機でフロントオープン採用なのはリンナイだけです。

サイズ幅45cmのみになります。

庫内容量は66L、ミーレの160Lとは圧倒的な差があります。

フロントオープン(ミーレ海外製)と引出式の食器の入れ方 比較

食洗機の開け方には、大きく分けると、海外製に多いフロントオープンタイプと、国産メーカーが良く採用する引出しタイプがあります。

フロントオープンと引出し式では食器の入れ方、皿の並べ方が異なります。

ミーレのフロントオープンタイプは、手前に扉を開くと、中は引出し3段スライドになっています。

3段のスライドなので一段づつ別けて、食器を並べることができます。

入りきらない食器が残ることはありません、そうなった時でも、一段ごとに対応できます。

国産に多い引出しタイプは、皿の並べ方、入れ方にはコツがあります。

下の方から順にキレイに食器を並べていきます。

すき間を見つけながら差し込んで入れていくという感じです。

入りきらなかった食器があると、もう一度下に入れた食器から、やり直さなくては収まらないことがあります。

この作業が面倒くさくて、食洗機を使わなくなる人がいるくらいです。

コツをつかんで、うまくきちんと並べないと、のぞむ容量は収まりきらないです。

フロントオープンのデメリットに腰をかがめて食器を入れなくてはいけない。という事を上げる方がいます。

3段スライドの一番下の段に入れる時だけ、確かに腰をかがめて使います。

ただ、それがストレスになるか?と言われると、そんなことはありません。

食器を入れる、皿を並べやすいのもフロントオープンだと思います。

なぜ、日本メーカーが引き出し式だけにしているのか、非常に不思議です。

引き出し式とフロントオープン式の使い勝手の違いを確認しすることで、よりあなたに合った使い勝手のよい食洗機が選べます。

幅45cm食洗機、ミーレと国産との比較

ミーレ食洗機のフロントオープンなら45cm巾でも、27cmのフライパンが洗えます。

国産の45cm巾の引出し式、27cmのフライパンは、そもそもキャビネに収まりません。

洗浄力 ミーレと国産の比較

ミーレ食器洗い機なら圧倒的洗浄力、全てピカピカ、予洗い不要です。

カレーのお鍋、油の付いたフライパン、そのまま入れてOK

国産メーカーのビルトインの食洗機を使ってたのですが 綺麗に洗えてる時と洗えてない時がありました。

それを改善するのに食洗機に入れる前に 軽く手洗いしなければいけない。

ん?これってどうなんだ?ってことになりました。

今では全部手洗いで済ましています・・・

 

ミーレ食洗機の3Dカトラリートレイ

ミーレ食洗機の魅力のひとつはカゴのトップ段のカトラリートレイです。

おはし、フォーク、スプーンなどの食事に必要な、細かいよごれものが、キレイに洗えます。

そのカトラリートレイが更に進化して3Dカトラリートレイになりました。

幅、奥行き、高さを微調整できるようになりました。

より幅広く、対応できるアタッチメントやフックが増えました。

サーバーナイフや脚付きのワイングラスがセットできるようになっています。

大容量に多機能性や繊細さがプラスされています。

このカトラリートレーによって、手洗いは必要ありません。

お箸、スプーン、フォーク、包丁(大きいものや果物包丁)、お弁当や製菓に使う小さな部品(ピックなど)、お箸置き、咳止めシロップの小さなカップまで、全部トップの段、カトラリートレイでキレイになっちゃいますよ。

 

大きな鍋やフライパンから細かなお箸置きまでキレイに洗う事ができます。

3Dカトラリートレイ、ノック2オープン、ブリリアントライトなど先進的な機能を搭載することができます。

ハイブリッドな食器洗い機に進化しています。

国産システムキッチンにもミーレの食洗機が付きます。

クリナップのセントロ、リシェルSI、トクラスのBerryといった各メーカーの上位グレードならミーレの食洗機が付きます。

クリナップ セントロ

セントロのWEBサイトにミーレのZZG7964CSCVIとZZG7314CSCICLSTが掲載されています。

・洗剤自動投入機能「Auto Dos」を搭載。

適切な洗剤量を自動で投入します。

・スマホでカンタン操作

Wi-Fiに接続し専用アプリを活用することで、スマートフォンやタブレットからの操作が可能になります。

・ノックオープン機能

扉を2回ノックするだけで自動でオープン。

手のひらが汚れていても扉を汚さずにオープンできます。

・取手や操作部のないスッキリデザインを実現

新築中で、クリナップでミーレ入れました。

セントロです。

私は、扉の色はクラス5、窓の外を見たかったのであえて壁付けキッチンにして、値段抑えました。

また、バックセットはステディアにしてそれもコストカットしました。

それくらい、ミーレの優先度は高かったです。

セントロなので、トラブルはクリナップ通したらいいと思っていました。

そうでなくても、ミーレなら日本でも取り扱いは多いし、そこまでハードル高く感じませんでした。

浄水器は、穴だけ開けておいてもらって、マルチピュアのをビルトインするつもりです。

私の知り合いも、付けてよかった設備、圧倒的にナンバー1!!と言っていました。

特にそこまでこだわらない、周りに使ってる人居ないし、この先見ることもないだろう、との事でしたら、コストカットの対象にされてもいいと思います。

が、私は毎日の事なので…絶対譲れない設備でした。

リクシル SI

リクシルWEBではSIのみミーレ食洗機G7314CSCI-SUSJGのPRページとなっています。

開口60cmの大容量タイプなら、家族1日分の食器やホームパーティー後の大量の食器も余裕で対応。

もちろん洗浄力は、ミーレならでは。

独自の3段バスケット&3本スプレーアームで、カトラリー類からガラス食器、大皿まで効率的に洗い分け、汚れをしっかり落とします。

スタイリッシュで高品位なデザインと、スピーディーかつ直感的に操作できる使いやすさを両立した操作パネル。

多彩な洗浄プログラムやオプションからボタン操作で簡単に選択できます。

トクラス Berry

トクラスキッチンBerryには「ミーレ製食洗機」が搭載可能です。

大容量で、洗い物をまとめてきれいにしてくれると人気の食器洗い乾燥機です。

一般的な食洗機と同じ45cm幅でも、フロントオープン方式なのでたっぷり洗い物を収容できます。

内部にはセットしやすい3段バスケットも装備。

かさばるフライパンや大きなお皿も余裕を持って収容できる大きさです。

毎食の洗い物を少しでも楽にしたい!と多くの方に選ばれています。

パナソニック

ミーレ推します。

7年ものですが、初期不良以外は故障知らず^^

ドイツ製は18年もののバーミックスももってるけど、こちらも故障1回もなしで現役です。(夏場は毎日スムージー作るのに使ってます)

魚焼きグリルも圧力鍋も入るデカさ(45センチ幅)

まな板もオーブン板もヤカンも入って、タイマーもついてる。

私はTOTOの据置、ホシザキの小さいビルトインを使ったことしかなくて、パナはないんだけど、やっぱり少し容量小さいですよね?

我が家はキッチンがパナですが、あえてミーレをつけました。

夜弁当箱からまな板、鍋、お茶のジャー、水筒のパッキンまで全部入って手洗いなし、予洗いもなしだからこどもでも食べ終わったら自分で食器セットできます。

めちゃくちゃ楽!!

TOTOやホシザキの時は鍋や調理器具は手洗い必須でしたから感動しました。

流石にラザニアとか作ったときは1晩水につけ置きしますが、カレーやシチューならそのまま突っ込んでもとれる!

40万て確かに高いけど、車なんてもっと高いでしょ!

毎日使うものだし、中途半端に手洗いものがあると、結局他も手で洗うかー食洗機意味なーいってなりそう。

 

そのほか、ウッドワンも公式サイトにミーレ食洗機オプションが掲載されています。

元は建材メーカです。木でコーデされたキッチンが多いという印象です。

スタイリッシュなキッチンを揃えるトーヨーキッチンも、ガゲナウ食洗機推しでショールーム展示されてます。

セミオーダー対応可能な、キッチンハウス、クッチーナ、アムスタイルのキッチンも海外製の食洗機がピタッとはまります。

mire

とはいえ各メーカーハイグレード仕様でしかミーレ食洗機の対応準備がされていません。

何故、国産普及価格帯のシステムキッチンにミーレの食洗機がつかないのか?

ハウスメーカーにしろ工務店にしろ、大量に家を売る仕組が出来上がっています。

提携するキッチン、ユニットバス、サッシ、等のメーカーがあって、大量に市場に出回る、価格も手頃な売れ筋商品から順にあなたの前に並べられています。

海外製のミーレやガゲナウの食洗機は、そんな枠組みの中から、チョッとだけ外れたところに存在しています。

国産システムキッチンメーカーでいうとクリナップ、リクシルで合わせると50%近いシェアがあります。

キッチンメーカーからすると、国産ブランドと規格の少し異なる、海外製の食洗機をつけるような、面倒をなことをしなくてもキッチンは売れているのです。

彼らからすれば「付けれないことはありませんが、保証から外れてしまいます。(それでも付けますか?)」ってな具合です。

国産キッチンにミーレ食洗機をつける時に確認すること

ここで大切なことは責任の所在(メンテナンスの窓口)になります。

基本は、施工した工務店や建築会社が住宅全体のメンテナンスを受け持つことになります。

施主支給で取付した製品はそこから外れることが多いです。

ミーレ食洗機をカタログやWEBサイトで掲載している場合はキッチンメーカーの保証もつきます。

キッチンメーカーのカタログに掲載されていないミーレ食洗機でも、交渉次第で取付可能な場合があります。(SNS等でいろいろとUPされています)

住宅を施工した建築会社、キッチンメーカーに責任の所在を確認しておきましょう。

結局実際にメンテナンスで足を運ぶのはミーレのメンテナンスの人だったとしても、窓口は1本化した方が後々あなたがラクになりますよ。

食洗機で洗える食器、洗えない食器があります。

食器、鍋、フライパンなどの調理用品の素材や、表面のコーティングによって洗えるもの、洗えないものがあります。

食洗機で洗えば断然キレイになる、洗えるおススメも紹介します。

食洗機で洗えないものとしては、以下のモノがNGです。

・強化ガラスを使っているモノ

・カットグラス、クリスタルグラス製品は、曇ってしまいます。

・アルミ製のモノはNG、ステンレスはOK

・漆塗りの漆器や箸もNG

・金や銀の飾りのあるものは注意が必要

・テフロンなどのフッ素樹脂加工をしたフライパンや鍋類

人気のティファールも注意が必要です。

フッ素コーティングしてあるフライパン、せっかくのコーティングが剥がれてしまいました・・

なぜ強化ガラスが食洗機で洗えないのか?

まな板を食洗機で洗えば、キレイに洗浄、除菌にもなります。

食洗機では洗えないものには、木製のまな板とあります。

でも、まな板は、食洗機で洗うからこその大きなメリットがあります。

食洗機対応まな板なら食洗機で洗えます。

食洗機は通常、60℃程度のお湯で30分以上、洗浄を行います。

高温設定で80℃で洗える食洗機もあります。

手洗いでは、ここまで長時間、高温でしっかりと洗うことは、できません。

まな板を食洗機で洗えば、キレイに洗浄、除菌にもなります。

・その他、ステンレス製のザル、これは手洗いに比べてもう断然きれいになります。

食洗機で洗える ひのきのまな板もありますよ。

ミーレ食洗機のデメリット

・デメリットその1.価格が高いこと。

確かに初期投資は高くつきますが、ただそれも、海外製は長持ちするので、20年というスパンでみれば、それほど大差はつかない。

ミーレは20年の使用を想定して耐久テストをしています。

また、製品が廃版となっても製品パーツは15年保存されます。

・デメリットその2.専用洗剤が高い

ミーレの食洗機は専用洗剤を使わなければいけない、となってます。

でも価格が高いんですよねー

「はーみーママさん」のブログ記事が参考になりますよ。

ミーレ食洗機の洗剤、コストコで買ったフィニッシュが意外に使えた!

・デメリットその3.自動乾燥機能がない

器の素材にもよりますが、洗浄後に結構水は残っています。

プラスチック製の容器やそのふたなどにも水が溜まりやすいです。

自動乾燥機能がないので国内産に比べて乾燥が甘いと言わざるをえません。

最後ははふきんで拭きながらしまうことになります。

洗浄終了後に自動でドアが開き乾燥を促進させる「オートオープン機能」で食器の乾燥を促進させます。

この機能は大変魅力的ですね。

ドイツではエネルギー消費してまで乾燥させることに意味はないというスタンスです。

扉を開けて乾かせばいいだけです。

 

ミーレ食洗機 売れ筋人気機種ベスト3

ビルトインMiele食洗機のハイブリッドな機能がバリエーション豊富な中から選べます。

幅45cmにするのか60cmが良いのか?から始まり、ドアの種類を選んで・・・

手っ取り早くオーナーの皆さんが選んでいる人気機種を選ぶという選択もあります。 笑

人気食洗機ミーレ(フロントオープン)海外製と国産ビルトイン比較まとめ

国産のビルトイン食洗機に比べ、海外製のミーレやガゲナウは大容量の食器が洗えます。

油汚れが落ち、洗い残しもありません。予洗い無しでOKです。

フロントオープンと引出し式、食器の並べ方、入れ方が面倒なのは引出し式です。

ミーレのカトラリートレーでお箸、フォーク、スプーンなど細かい物も別けて洗えます。

幅60cmのミーレなら、庫内容量160Lで12人分の食器が一度に洗えます。

幅45cmのミーレでも27cmのフライパンが洗えます。

クリナップやリクシル、トクラスも上位グレードであれば問題なくミーレの食洗機が付きます。

キッチンハウス、ウッドワンやトーヨーキッチンならミーレが付きます。

洗えない食器は、強化ガラス、アルミ製、漆塗り漆器、テフロン加工のフライパンや鍋などです。

食洗機対応まな板をおすすめします、食洗機で洗えば除菌にもなります。

フルオーダーの真っ白なキッチンに、スッキリとミーレの食洗機が収まります。

まとめ洗いすれば電気代&水道代も節約することができます。

大容量、洗浄力、フロントオープンの使いやすさの全てを求めるならビルトイン食洗機はミーレになります。

但し価格は国産メーカー品の2倍~3倍になります。

価格を抑えたいとなるとフロントオープンの使いやすさでリンナイ、洗浄力を選択するとパナソニックになります。

あなたのこだわりの、キッチンができますよ!

カレーのお鍋、油の付いたフライパンも、朝までに余裕のピカピカです。

こだわりの食洗機がキッチンに付きます!

無料キッチンリフォームプランニング&お見積り

無料注文住宅プラン二ング&お見積り

 

賢くキッチンを手に入れるノウハウ

一度使うと手放せなくなるキッチン廻りの逸品をご紹介しています。

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

090-2123-6546
プラン・見積メニュー
お客様の声
工務店のご紹介サービス

 

注文住宅、デザイナーズ~町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計


PAGE TOP