野々市で家事と仕事の両立ができる注文住宅を建てれます。

2018年8月19日

● 野々市で家事と仕事の両立ができる注文住宅を建てれます。

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

お気に入りの野々市で仕事と家事の両立が自宅でできます。

子育て家族のLDKがひろびろ、風通しのよいマイホームになります。

キッチンも充実して食品庫のある家になります。

ワンちゃんも一緒にくらせる、天然目フローリングのこだわりの注文住宅になります。

野々市でワークスペースで家事と仕事、両立ができる注文住宅になります。

住環境は文句のつけようがない程にすばらしい、住むなら野々市と決めていました。

主人が勤務している金沢市内へのアクセスもスムーズです。

私は、間取り図を見るのが好きなので、時間を見つけては金沢市南部、野々市のいろいろな物件情報もチェックしていました。

ただ、建売の住宅だとコンパクトにまとまっているものの、細かいところにまでは、気が廻っていない印象のものばかりでした。

キッチンも充実させたかったので食品庫は必須ですし、子供が3人いますので、洗面脱衣のサニタリースペースも一坪では厳しいなと思ってました。

あと、室内でワンちゃんを飼うこともプランや床材選びで重要になってきます。

そうすると結局、希望する条件の一戸建ては見つからなかったんです。

注文住宅にする以外、思いを叶える家づくりはできないと思い始め、工務店や設計事務所のホームページを、子供達が寝静まったあと毎日さがしていましたね(笑)

一年以上かかりましたが、小学校・中学校からの距離感、近くにスーパーや大型の本屋さん、公園や病院もあり、開発されてから10年くらいの比較的あたらしい住宅地の一角にあった土地を探しだしました。

初めて設計事務所にコンタクト。

電話かメールかで迷いましたが、敷居の低さでメールフォームを選択。

これは正解でした。電話は緊張感を想像すると・・・

面談の日をこちらの希望日の中から決めて頂き、初面談。

大枠の予算と土地の情報をあらかじめメールで送っておきました。

LDKを広くしたい、光と風が通る家にしたいと伝えていました。

細かな要望を初面談でお伝えして、家づくりスタートしました。

LDKは和室を削ってでも、リビングスペースの拡大を目指しました。

(家に入った時に感じる広さは、余裕のあるLDKの広さで決まると、進藤さんのブログに書いてありました。

限りある予算を考えた時、あまり使うことのない和室が私たちにとって必要か?要らないねー)

その他、家事動線を考えると、水回り周辺はまとめて欲しいと言う事も併せて伝えています。

南側のバルコニーに面したリビングダイニングになりました。

窓を開けると気持ちの良い風が入ってきます。

(設計の段階で窓の配置にもいろいろ気を配って頂きました。

通風の為に配置をするのはもちろんのこと、外からの視線、隣家の窓の位置との関係まで検討して配置されてます。)

要望通り、間取りはキッチンを中心にランドリースペース、サニタリーと回遊性のあるつくりになっていて、家事効率がいい点は気に入っています。

WIC(ウォークインクローゼット)があり、乾いた洗濯物をバルコニーから運ぶのもラク。

以前の家はダイングとキッチンを隔てる壁があって、独立した形のキッチンでした。

そのため、外からの光がほとんど入らず、キッチンの雰囲気が暗くってって感じでした。

オープンキッチンにも憧れたのですが、セミクローズなつくりのほうが、リビングダイニングからも丸見えにならないので、チョッとくらいズボラができて私的には◎です。

明るさも確保してもらってます。

キッチンの奥からランドリー、洗面&浴室スペースと、水回りがすべてつながっているので、家事がしやすいんです。

洗面台は造作にしてもらい、広くすっきりとした雰囲気になってます。

私のワークスペースと寝室の間に内窓を付けてもらってます。

夜、子供たちが寝たあとに作業をしていても、寝室の中の様子がワークスペースから見られるので安心です。

子供たちがリビングで遊んだり宿題したりは、ダイニングテーブルを積極的につかいます。

仕事のパーツは細々としたものも多いので、専用スペースの収納を作ってもらったので、リビングダイングが片付くようになりました。

ワークスペースの窓と寝室の内窓を開ければ、WICを経由してリビングダイニングまで風が通ります。

オープン棚をつくってもらいました。

季節やそのときの気分に合わせてディスプレイを変えて楽しんでいます。

ほかにも「もっとこうすればよかった!」と思うことはありますが、新築して格段に家がお気に入りの空間になりました。

家の居心地が良すぎて、あまり出かけたくないほどなんですよ(笑)。

 

家で仕事をするあなたにあった注文住宅ができます。

プライベート空間、ワークスペースが両立でき、家事も子育てもできる我が家になります。

起業したてのまだ収入も安定しない頃は、仕事用のマンション、アパートの一室、テナントを借りるって、家計の負担になります。

固定資産税や光熱費等は幾ばくかは増えますが、新たに別の一軒を借りる事を思えば安いものです。

この先、おうち仕事を考えているなら、あらかじめプラスアルファーなワークスペースを用意しておくことをおススメします。

もちろん、マイホーム部分はマイホーム部分で鉄板の仕様です。

家の中心は明るく風通しのよい広々としたLDKになります。

キッチンの奥からランドリー、洗面&浴室スペースと、水回りがすべてつながっているので、家事がしやすい間取りになります。

ワークスペースからお子様の様子も見ながら仕事にも集中できますよ。

金沢市や白山市へのアクセスも良い、暮しやすい野々市で生活できます。

野々市でワークスペースと家事の両立ができる注文住宅になります。

 

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

090-2123-6546
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

野々市で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計・リフォーム・リノベーション

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP