金沢の暮らしを満喫できる注文住宅になります。

2018年9月24日

● 金沢の暮らしを満喫できる注文住宅になります。

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

金沢での暮らしを満喫できる住まいになります。

金沢らしさをデザインに取り入れた新築一戸建てになります。

冬の寒さや夏の蒸し暑さを抑え快適に暮らせるマイホームになります。

金沢の四季、自然、海や山を楽しむ仕掛けのある注文住宅になります。

金沢の食材を堪能する為のキッチンができます。

金沢の暮らしを満喫できる注文住宅になりますよ。

金沢に帰ってきて、子供たちの成長と共に、家を建てることを考えるようになりました。

木の家を建てたいと思っていたこと、開放感があり全てにオープン的な設計が気に入り、進藤さんに設計を依頼しました。

動線に合わせ、必要な所に収納棚があるのは大変使いやすく、広々としたウッドデッキは、外での作業を楽しくさせてくれました。

家を建ててから、アウトドアでできる趣味が増えています♪

金沢近隣の海や山にもよく出かけています、自然を満喫しています。

家族みんなが自然と集まるリビングで、毎日楽しく快適に過ごしています。

木の床は大変気持ち良く、遊びに来て下さる友達からも好評です。

 

予算とオシャレ度と満足度っていうのは、たぶん他のハウスメーカーや工務店さんとかとは、比べものにならない位はお得感があると思います。

最終的にはこれから35年間、ローン払っていくので後悔したくないんで、見た目のデザイン、住まいとしての機能、値段がバランス良くいけたら良いんじゃないかなって思いますね。

できあがった住まいは、文句なく家族の理想の家になりました。

特にリビングは大のお気に入り。

友だちにも両親にも自慢できる家、そして何より、家族みんなが大切にできる家ができました。

 

金沢らしさが魅力的なデザインの注文住宅になります。

金沢の魅力的な建築といえば、繊細な格子が並ぶ町屋や茶屋街があります。

ひがしの茶屋街は、なつかしい風情を感じさせる街並みになっています。2001年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

和菓子や伝統工芸品などを扱うショップやカフェなど金沢の魅力を発信する建築・店舗でこの格子が使われ、城下町の雰囲気を満喫することができます。

繊細な竪格子、木虫籠(キムスコ)がファサードにあると金沢らしい表情豊かな住宅になります。

木虫籠(キムスコ)は、繊細な台形の断面形状のタテ格子です。

台形の断面が外からの視線をゆるやかに遮蔽し、自然の光、風を取り入れたマイホームになります。

ひとつひとつの家屋の木虫籠(キムスコ)はそれぞれ少しずつ異なるデザインです。

少しづつ異なるデザインが並ぶことで、全体の統一感がありつつも、心地良さを感じる街並みになっています。

タテ格子一軒一軒が丁寧に作られていることで、異なるデザインが集まってもお互いがぶつからないで、相乗効果をもたらしています。

1日の中でも、朝昼夜、刻々と家の表情が変わっていきます。

日中の景観は言わずもがなで一軒の住宅として凛とした品格を持ちます。

夕暮れ時から夜にかけて、木虫籠(キムスコ)越しに住まいの明かりが漏れ、柔らかな表情をつくりだします。

ゆったりと時間が流れる春秋、強い陽射しの夏、雪景色の冬、四季の変化全てを受け入れ楽しめる注文住宅になります。

そんな魅力が発信され、一年を通じて旅行者が集まる街になってきました。

2015年以降、北陸新幹線が開通して、関東からの旅行者が劇的に増えました。

都会を離れて暮らし始める方、セカンドハウスとして町家に住まわれる方も増えいます。

金沢の街並み、繊細な格子の外観デザインの住宅に魅せられ暮らし始めています。

木虫籠(キムスコ)であなたの新しい住まいも、金沢らしい街並みに溶け込む注文住宅になります。

金沢の年輪を受け継ぐ注文住宅

ひがしの茶屋街のほか、にしの廓、茶屋街にも木虫籠(キムスコ)の街並みがあります。

戦火から逃れることができた街なので、茶屋街じゃなくとも、ポツポツとではありますが町家住宅を見かけることができます。

そんな町家住宅をリフォームや再生して、その住まいが持つ年輪を受け継ぐ暮らしも出来ます。

もちろん新築一戸建ての金沢の町家、杉の下見板、漆喰の壁、無垢の床板で、自然素材をふんだんに使った注文住宅になります。

何かと、ご迷惑をお掛けしたと思います。

進藤さんをはじめ、職人の方々が、尽力して頂いたおかげで、とてもすばらしい家で、暮らすことができ、大変に感謝しています。

誠にありがとうございました。

友人、子供たち、孫たちが集まる、にぎやかな家になっています。

 

家のなかの空気が、田舎の澄んだ外気と大差ないほど澄んでいます。

室温も、漆喰を厚塗りしてもらったので、断熱効果もあるみたいです。

肌寒い時期でも、心地よく過ごすことができます。

友人に会うと、服から木の香りが すると言われます。

 

夏は涼しく快適です。

周りの素材にも違和感が無く、サラサラした感じでとても気に入っています。

白い漆喰の壁は、日本人の古くからの家づくりの知恵が、活かされている気がします。

 

漆喰は、調湿効果のある自然素材です。

柱、梁、床板、天井もすべて無垢の自然素材で、同じく調湿効果があります。

湿気の多いシーズンは、部屋の中の湿気を吸って、乾燥する季節は、逆にうるおいを与えてくれます。

夏は涼しく快適に暮らせる和室になります。

肌寒い時期でも、心地よく過ごすことができます。

杉の下見板、漆喰の左官壁、竿縁の天井に無垢板の床、自然素材に包まれた注文住宅になります。

金沢らしいスタイリッシュなデザイン住宅

ガルバリューム鋼板の壁に木虫籠(キムスコ)をしつらえれば、スタイリッシュなデザイナーズ住宅になります。

インテリアを白で統一し、アイランドキッチン、家事動線をあなたの暮らしとマッチさせた家族がリビングに集まる注文住宅になります。

外観に木虫籠(キムスコ)をしつらえることで金沢の街並みに溶け込む住宅になります。

インテリアは、シンプルモダンになります。自然素材で包まれたなつかしい日本の暮らしもOKです。

外壁をガルバリウム鋼板の外壁に張替リフォームしました。

今までは、冬はなぜか家が暖まりにくく寒い、夏は熱気が室内こもってました。

ガルバリウム 鋼板の外壁に変えてからは、夏・冬とも今までとは比べものにならないくらい快適になりました。

家づくりで一番悩んだのが外壁材です。

落ちついた雰囲気の住まいにしたい!と思ってました。

なかなかイイ材料が見つかりませんでした。

よさそうだなぁと思っても、とても高価だったり、逆に安価なものは、あとが心配でした。

そんな時に、進藤さんからお勧めされたのが、ガルバリウム鋼板でした。

今まで設計した中でも、新築、リフォームの8割くらいでガルバリュウムを使っていること。

お施主さんの評判も、良いという事を教えてくれました。

色合いが豊富なのにうれしい価格で、まったく安っぽさがないというので、外壁に採用してもらいました。

品のある落ち着いた外観の我が家に、家族全員満足です。

 

ガルバリュウム鋼板と繊細な縦格子で金沢らしいスタイリッシュなデザイナーズ住宅になります。

金沢の冬、あたたかく暮らせる注文住宅になります。

冬寒くない、夏の暑さも快適に過ごせる家、HEAT20ではそれを感覚的にもわかりやすく、室内の気温で表現してくれています。

HEAT20 G2レベルで求めるのは、冬でも概ね13℃を下回らない温熱環境です。

平成28年省エネ基準の概ね8℃を下回らない(10℃を切ると)少し寒い気がしますね。

10℃を切らない断熱性能を目指したいところです。

冬でも10℃を下回らないと如何なるのか?

ZEH+とHEAT20のG1ではUA値はそれほどの違いはありません。

ただ、ZEHの目指している先は、CO2の削減だったり地球の温暖化を遅らせるなど、壮大すぎてピンときません。

HEAT20のいう、冬でも家の中どこにいても10℃を下回らない環境だと、どんなメリットがあるのか?

家の中での死亡事故が確実に減ります。

ヒートショックを起こす確率が低減します。

省エネ基準 石川県内の地域区分

4 白山市(旧吉野谷村、旧尾口村、旧白峰村に限る)

5 かほく市、志賀町、宝達志水町、加賀市、中能登町、七尾市、能美市、白山市(旧松任市、旧美川町、旧吉野谷村、旧尾口村、旧白峰村を除く)、能登町、輪島市、小松市、珠州市、羽咋市、川北町、津幡町、内灘町、穴水町

6 白山市(旧松任市、旧美川町に限る)、金沢市、野々市市

ZEH、HEAT20、H28省エネ基準、地域区分別のUA値

金沢市、野々市市、旧の松任市でHEAT20レベルの高断熱住宅を建てようとすると、必要なUA値はG1で0.56、G2で0.46です。

石川県内のそれ以外の地域では、青森市や新潟市並みのG1で0.48やG2で0.36のUA値が必要になります。

地域6の金沢市、野々市市、旧松任市では求められる断熱材やサッシの断熱レベルが若干易しくなります。少しお得な建築費で建てれますよ。

HEAT20で吹抜けでも寒くない快適なリビングになります。

平成28年省エネ基準のUA値でも、1階と2階の室温の差は小さくなっています。

でも、温度差を感じないか?と言われると微妙です。

HEAT20、ZEH+なら大丈夫です。

吹抜けがあっても快適に過ごせる断熱性能はこのレベルです。

欠点は寒い部屋がないこと、家内が料理や食料品の置く処に苦慮しているようです(笑)

すばらしい家をありがとうございました!

 

リビングは、中庭に面して大きな窓があり、開放感は抜群。

吹抜けからの光と風が、室内に注ぎ込みます

明るい家だと、毎日気分も明るく過ごせます。

 

あなたのマイホームも冬でも1階と2階すべて暖かい部屋になります、寒い部屋が無くなります。

吹抜けがあっても大丈夫、光と風が注ぎ込むリビングになりますよ。

金沢の食材を堪能する為のキッチンができます。

食文化レベルの高い、海の幸、山の幸を四季を通じて堪能できる暮らしができます。

金沢の街なか、近江町市場は有名ですが、そこまで行かなくても、近所のスーパーでも美味しい魚が揃います。

キッチンにこだわったマイホームで、ラクに旬の石川県の食材を調理できるようになります。

(キッチンについては、サイト内のページで詳しく書いています。)

キッチンメーカー徹底比較、プロお薦めvsユーザー満足度

家事動線の良い間取り 失敗しない為のチェックポイント

パントリー(食品庫)キッチン収納のあるマイホーム

毎日使うキッチン、快適に使いたかったんです。

キッチンに物が溢れるようになっていきました。

今度キッチンを新しくする時は、収納がたっぷりできるものがいいなと思っていました。

でも、いろんなメーカーのキッチンがあって選べませんでした。

キッチンを使う時間帯、平日、休日の過ごし方、ライフスタイルを踏まえて色々とアドバイスをしてくれました。

私の暮らしに合ったキッチンになりました!

 

前の家は居間と台所が分かれてて、誰も家事を手伝おうとはしませんでした。

今は家事をしている様子が見えるので、子供達も自然と家事を手伝ってくれるようになりました。

ブログでは、とことん施主と向き合ってくれる、という印象を受けました。

予想通りで、進藤さんは本当に私たちのこだわりをよく聞いてくれました。

 

金沢の食材を堪能できる料理がラクにできるようになりますよ。

車2台が納まるインナーガレージ、アウトドア用品も収納できます。

金沢の冬、タイヤ置き場、雪よけスコップ、スキーやスノボ、広い収納があると片付けが、ラクになりますよ!

インナーガレージの中には、タイヤやスキー、スコップなどがしまえる収納や、自転車置き場などをプランしてもらいました。

家の中も、たっぷりの収納で助かってます!

 

家の中に入れるとかさばるもの、濡れちゃって面倒なものが多いです。

まあその分、楽しみもありますが。

内灘、千里浜、徳光海岸、能登の海も、犀川、浅野川、手取川も近い、白山麓のゲレンデも1時間あれば余裕で行けます。

スキーやスノボをサクッと出せます。

帰宅してからの片付けもラクです。

車2台、アウトドア用品も仕舞えるインナーガレージができます。

まとめ

金沢町家デザインを取り入れた注文住宅になります。

冬の寒さや夏の蒸し暑さを抑え快適に暮らせるマイホームになります。

金沢の自然、海や山を楽しむ仕掛けのある注文住宅になります。

金沢の四季おりおりの食材を堪能する為のキッチンができます。

金沢の暮らしを満喫できる注文住宅を建てれます!

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

090-2123-6546
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP