外壁ガルバリュウム鋼板、通気工法でデザイナーズ住宅に新築、リフォームできます。

2019年7月13日

● 外壁ガルバリュウム鋼板、通気工法でデザイナーズ住宅に新築、リフォームできます。

 

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

外壁ガルバリュウム鋼板、通気工法でデザイナーズ住宅になります。

ガルバリュウム鋼板は、お施主様にも好評の外壁材です。

外壁通気工法で、長持ちする住まいになります。

デザイン性の高い外観のデザイナーズ住宅にももってこいの外壁材です。

断熱材をしっかり増量して、あったかい住まいにリフォームもできます。

新築にもリフォームにもおすすめの外壁材です。

ガルバリュウム鋼板なら色やデザインも豊富で、街並みにも馴染んで、あなたの好みのモノが見つかりますよ。

おすすめガルバリュウム鋼板の外壁でデザイン住宅になります。

ガルバリュウム鋼板で外壁がすごく良くなります。

出来上がってみると大変満足のいく出来で、気に入っています。

友人達からは「すごくよくなったね、新築みたい!」、「かっこよくなって違う建物みたいだね」と言われて気分もよいですね。

板金、塗装、大工、足場など、各々の職人さん達も、すごく良い人ばかりで安心して工事を任せる事ができました。

 

家のカーポートの屋根は、ガルバの生地板のシルバーむき出しなんですが、もう15年は経っているのですが錆びなんて皆無です。

 

外壁、屋根、サッシの色決めを行いました。外壁、屋根ともガルバリウム鋼板を用います。

日陰と日なたでは、本当に色の見え方が違います。

屋根は上の写真一番右端の「銀黒」に決定。

この色、太陽が当たるときと当たらないときで色の見え方がホントに違うんです!

ちょっと感動しました。

外壁は迷ったんですが、黒にしました。

右の色だと、汚れが目立たない、そして、サッシの色と合うという意見もありましたが、妻の「黒がいい!」の一言で決定(笑)。

サッシの色は、予定どおり、シルバーに決まりました。

外壁色とのバランスはちょっとわかりませんが、内装優先、あまりこだわらないので、これでよし。

これに伴い、玄関ドアの色もシルバーで統一することに。

これからも、いろいろなことを最終的に決めていきます。

今日は、工務店の監督さんも一緒においでたので、より活発な意見交換ができたと思っています。

どうもありがとうございました。

 

ガルバリュウム鋼板とは

ガルバリウム 鋼板は、基板が鉄で、周りにアルミとメッキの板のコーディングされています。

そのコーディングによって、サビなどの腐食にとても強くなっています。

張り替える時に、しっかり断熱材を入れて暖かい住まいにリフォームできます。

外壁通気工法をとることで、10年、20年と長持ちする家にリフォームできます。

ガルバリュウム鋼板、しっかり通気工法で長持ち

ガルバリュウム鋼板を採用すれば、徹底的に水切りでき、端部に水が溜らない、寄付けない外壁になります。

鋼板の端部、たとえば開口部と取合うところ、基礎の立ち上がりと取合うところ等で、しっかり水が切れるようにしておくことが大切です。

ガルバリュウムの角波貼りの工事中です。

雨水が切れて、溜らない、抜けていく加工、施工で漏水はなくなります。

たとえ壁の中に水が回ったとしても、シートと壁体内の通気が出来ていれば、滞ることはありません。

湿気も溜りません。

通気工法を採用して、住まいが長持ちする外壁です。

うまいこと設計してもらって感謝です!!

ブログの印象では、とことん施主と向き合ってくれるところ、という印象を受けました。

これは予想通りで、本当に私たちのこだわりをよく聴いてもらいました。

 

あなたと意見交換しながら、住まいの顔をつくっていきます。

外壁をガルバリウム鋼板の外壁に張替リフォームしました。

今までは、冬はなぜか家が暖まりにくく寒い、夏は熱気が室内こもってました。

ガルバリウム 鋼板の外壁に変えてからは、夏・冬とも今までとは比べものにならないくらい快適になりました。

家づくりで一番悩んだのが外壁材です。

落ちついた雰囲気の住まいにしたい!と思ってました。

なかなかイイ材料が見つかりませんでした。

よさそうだなぁと思っても、とても高価だったり、逆に安価なものは、あとが心配でした。

そんな時に、進藤さんからお勧めされたのが、ガルバリウム鋼板でした。

今まで設計した中でも、新築、リフォームの8割くらいでガルバリュウムを使っていること。

お施主さんの評判も、良いという事を教えてくれました。

色合いが豊富なのにうれしい価格で、まったく安っぽさがないというので、外壁に採用してもらいました。

品のある落ち着いた外観の我が家に、家族全員満足です。

 

西の面のサイディングは、5年前に張替えましたが、すぐにボロボロになってしまいました。

雨もしみこんで、割れてしまった痕もありました。

いろいろ探してガルバリュウムがイイとわかったので、今回改めて張替して頂きました。

落ちついた色の外壁にリニューアルしました。

 

窯業系サイディングは施工の差が出やすい

外壁が劣化する原因は、漏水からくることが多いのです。

窯業系のサイディングは、現場で加工したり、切ったりした後の切り口の処理が大切になります。

工場で加工されたサイディング製品の端部なら、キッチリとコーティングされています。

そこから、水が浸み込んで漏水することはありません。

現場で加工した、切れ端となる小口は、表面仕上げのコーティングなどしてない訳で、水に対して無防備になっています。

常にそこが濡れている状態だと、そこから劣化します。

冬に凍りついた小口は、まさしくその状態です。

10年ほどでボロボロになってしまう、サイディングがあるのは、その為です。

外壁のリフォームの際に、大きな窓をリビングにつけてもらいました。

明るいリビングになりました。

風の通りも良くなって過ごしやすくなりました。

 

もう何という事でしょう、これはテレビのビフォー&アフターではありません。

45年前に建てた家のリフォームで二階に住みながらなので大変でした。

しばらく私だけ娘のところで暮らし、出来上がりに合わせて帰ってきました。

ですからこの言葉が出たのでしょう。

A‐box設計室・進藤さんやTAKA工建の高橋さんのいろいろアドバイスを頂き、息子2人・娘達の協力のおかげで100%満足しております。

大切に使っていきます。有難うございました。

 

人気のサイディングですが、ガルバリュウム鋼板を使う。

ガルバリュウム鋼板は、薄い鉄板にコーティングを施したものですが、何者かが行為で切ったり突いたりしなければ、滅多なことでは穴は空きません。

経年劣化で開くとしても10年単位です。5、6年で朽ちてしまうことは、まずあり得ないと言えます。

以前、リフォームの現場で、切り口から雨水を吸って冬の凍害で朽ちてしまった、西日がずっとあたり放しでひび割れした窯業系のサイディングを見て、それを使うことを止めました。

お施主さんからお聞きした話では、たかが5、6年しか経っていないということでした。

原因は施工不良かも知れません。

ただ、わざと施工不良をする職人さんはいません。

良質な職人さんが減っている今の時代、チョとしたミスで起こりうる材料を使うことを避けています。

ガルバリュウム鋼板で外壁リフォーム

金沢市内、外壁リフォーム工事の流れをご紹介します。

まずは、外壁を一度はがして、間柱の必要なところは補強していきます。

もともと雑貨屋さんだった店舗を、駐車スペースと、広いリビングダイニングキッチンにリフォームしています。

1階部分の外壁は、ガルバリュウム鋼板に張替リフォームしました。

テラス窓を東面に設けて明るいLDKになりました。

通り沿いの店舗の大開口は、壁にして、ハイサイドライトだけ設けています。

明るい白のガルバリュウムの外壁に、張替リフォームしました。

外壁リフォームで雨漏りは、ピタリと止まります。

外壁通気工法を採用して、壁体の中を空気が循環します。

湿気がこもらない外壁になります。

10年、20年と長持ちする外壁にリフォームができます。

大きなテラス窓を付ければ、明るいリビングになります。

風通しの良いマイホームにリニューアルできますよ。

ガルバリュウム鋼板のカラーバリエーション

ガルバリュウムの豊富なカラーバリエーションの中から好きな色を選べます。

マットな色のもの、ツヤのあるもの、パステルカラーもありますよ。

新築したみたいに、キレイに張替リフォームできます。

ガルバリュウム鋼板を使った外観デザイン

金沢市で、ホワイト系のガルバリュウム鋼板のデザイナーズ住宅兼美容室になりました。

小松市で、ブラック系のガルバリュウム鋼板のデザイナーズ住宅になりました。

ガルバリュウム鋼板、通気工法でデザイナーズ住宅・美容室・店舗 まとめ

家の第一印象は外観で決まります。

モダンでシンプルなデザイナーズ住宅になります。

豊富なカラーリングのガルバリュウム鋼板の中から、あなたの好みの色が選べますよ♪

外観のリニューアルは、その住まいの顔を変えるリフォームです。

「違う家になったみたい!」と言われる外壁張替リフォームもできます。

スタイリッシュな外観は、住宅だけにとどまらず、店舗や美容室、事務所でも使って頂いてます。

ガルバリュウムの外壁ならスタイリシュなデザイナーズ住宅になります!

 

その他、こちらの記事も人気です。

⇒ 人気外壁材を徹底比較、サイディング、ガルバリュウム鋼板、タイルなどお奨めは?

⇒ 窯業系サイディングメーカー人気ランキング、お薦めニチハ・ケイミュー徹底比較

⇒ 外壁タイル張り、LIXIL(INAX)はるかべ工法、ナノ親水、マイクロガードの特徴

金沢市で注文住宅の設計 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計・リフォーム・リノベーション

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP