クリナップ流レール、リクシルWサポート、すべり台、システムキッチンシンク比較

2019年7月13日

● 流レールシンク、Wサポートシンク、すべり台、PaPaPa、キッチンメーカーシンク比較

 

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

システムキッチンのシンクにも料理がしやすい、掃除しやすいといった、機能性、使いやすさが求められています。

国産の大手メーカー各社もその部分の開発に力を入れています。

例をあげると、クリナップの流レールシンク、LIXILのWサポートシンク、TOTOならスクエアすべり台シンクになります。

料理がしやすくて、後片づけやお掃除のしやすい、キッチンシンクになりますよ。

パナソニックのPaPaPaシンクも、お施主様目線で商品化されたシンクです。

その他、キッチンメーカーごとに使いやすいシンクを比較してみました。

料理しやすい、お掃除しやすいキッチンシンクで、家事ラクラクのキッチンになります。

クリナップのキッチンシンク

セントロ

クラフツマンデッキシンク

クリナップのクラフツマンワークトップの使いごこちは、ずばり、とても使いやすい。

シンクおよびワークトップの掃除がとてもラクです。

毎日これにしてよかったと思っています。

フードも大正解でした。

これ以上使いやすいのキッチンがあるのかな~?と思っています。おすすめです。

 

大型サポートプレートで作業スペースは2倍に拡がります。

大容量のシンクは、深い鍋や大きなフライパンもラクラク置けるスペースを持っています。

本格調理にこだわる人のためにデザイン、作業性、清掃性、すべてを兼ね備えた究極のシンクになります。

流レールシンク

流レールシンク、すっごくイイです。

共働きという事もあるのですが、家事は少しでも楽がしたかったので、吊り戸棚もスイッチひとつで下がるタイプです。

食洗機ももちろん付けています。

しっかり活用して、毎日の家事が楽になりました!

 

ショールームで見て決めた流レールシンク、やっぱり想像して通り使い勝手いいです。

シンクの排水溝が片側に寄っている形状、切りクズを簡単に水で流すと、手前から左奥へと自然に流れていきます。

野菜の切りクズなど、集めたりする手間がなくなりました、スゴい

以前のキッチンシンクが、小さい、排水溝が深型、などで使いづらかった!

使い勝手の良さは雲泥の差です。

 

使い勝手の良さは雲泥の差です。

シンクの水の流れに注目し、排水口までごみを運ぶ水路を計算し尽くしています。

sinnku

汚れにくく、洗いやすいを実現する流レールシンク、日々の調理が格段とラクになります。

シンクの排水溝が片側に寄っている形状、切りクズを簡単に水で流すと、手前から左奥へと自然に流れていきます。

sinn

野菜の切りクズなど、集めたりする手間がなくなります。

調理中からシンクをキレイに保ちます。

毎日の家事がラクになります。

ステディア

流レールシンクステンレスと、流レールシンクアクリルストーンから選ぶことができます。

流レールシンクステンレス

流レールシンクは、クリナップさんの売りにもなっています。

汚れにくく、洗いやすいを実現する流レールシンク、日々の調理が格段とラクになります。

シンクと継ぎ目がないクリン排水口になります。

傷が目立たない特殊エンボス加工になります。

静音シンクで、水はね音などが抑えられます。

会話を妨げられることがありません。

流レールシンクアクリルストーン

美しいデザイン力、選ぶのが楽しくなるカラーバリエーション

ホワイト、ベージュ、コーラル、ブルーグレー、モカの5色からセレクトできます。

ラクエラ

ステンレスシンクとアクリルストンシンクから選んでいただけます。

⇒クリナップキッチン、ステディア、ラクエラ、セントロ比較

LIXILのキッチンシンク

ハイブリッドクオーツシンク

水まわりの作業を快適にする最新の技術とアイデアをたっぷり詰め込んだ、ハイブリッドクオーツシンクになります。

汚れの落としやすさが長続きする、缶詰などを落としても割れにくい素材のシンクになります。

セラミックトップとも相性のいい、見た目にもカッコイイシンクになります。

後片づけに時間がかからない、サクッとできるナイアガラフロー方式のシンクになります。

ステンレスシンク

Wサポートシンク、ひろびろWサポートシンク

大きいシンクなので、溜まっていく洗い物も気にせず調理ができます。

オプションで付けた水切りカゴやサポートワイヤーはとても便利です。

ちょっと足りない時の調理スペースとして利用でき、水滴でキッチンまわりが汚れることが少なくなりましたよ。

 

2段のレーンと2種類のプレートを組合せて、調理とそのあとの後片づけをダブルでサポートします。

ひろびろWサポートシンクのワイドサイズは約91cm、シンクの両側にプレートや水切りカゴを置いても、十分なスペースを確保し、調理中の洗い物などの作業がスムーズに行えます。

Wサポートシンクのワイドサイズは約76cm、ワークトップの延長としてシンクサポートが調理スペースを広げます。

リシェルSi、アレスタのステンレスシンクで選んで頂けます。

スキットシンク

Wサポートはありません、ナイアガラフロー方式になります。

ひろびろラクリーンシンク

Wサポートはありません、ナイアガラフローもありません。

人造大理石シンク

キレイシンクと、ひろびろキレイシンクから選んで頂けます。

ナイアガラフロー

シンク底の傾きが左右両端に行くほど大きくなります。

シンク奥の広い段差に向けて、汚れた水やゴミをスムーズに洗い流せます。

後片づけにかかる時間を短縮でき、使用する水道量も圧縮できます。

リシエルSi、アレスタのハイブリットクォーツシンク、 Wサポートシンク、スキットシンクで選んで頂けます。

くるりん排水口

くるりん排水口は、少し掃除をサボっても全然ぬめっていない!良かったです。

さっと撫でるだけで汚れが取れる感じです。

リクシルのキッチンは掃除しやすいのが嬉しいですね。

 

とても快適に使っています。

使っていくうちに色んな発見があって楽しいです。

排水口のお手入れって結構面倒なのですが、それが計算されているのか汚れが溜まらないようになっていて驚きました。

奮発してこのキッチンにして良かったです。

 

うずの力でキレイが続きます。

水の力でフィンが回り、排水口の汚れを洗浄します。

リシエルSi、アレスタのすべてのシンクで選んで頂けます。

⇒リクシルのリシエル、アレスタ、シエラ比較

TOTOのキッチンシンク

スクエアすべり台シンク(人工大理石・ステンレス)

広々したシンクは使い勝手がいいですね。

広いと食器をまとめて置けたり、野菜を洗うのに重宝しています。

水ホウキ水栓のおかげで、すべり台シンクは、水がスルスル流れていきます。

生ゴミ受けは底が浅いのですぐに一杯にはなりますが、洗いやすいので、ゴミを溜めたままにしておくことは減りました。

 

水を出しながら子供用の小さい器や弁当箱を置くと、すす~っと流れていきます。

それはちょっと不便です。

シンクの勾配で、野菜くず、食べ残しなど水で流すと、すす~っと排水口に向かって流れていきます。

排水溝の網は確かに浅いですが、お手入れはしやすいです。

 

排水口を片寄にして、スルスル水がすべるように流れる3%勾配の、すべり台シンクになります。

シンクと一体成型でお掃除がしやすい、なめらかな形状の排水口になります。

ゴミが集まりやすく、捨てやすい浅型あみかごがつきます。

排水口を隅に寄せたことで、シンクがより広々と使えます。

野菜くず、食べ残しなど、すす~っと排水口に向かって流れます。

シンクが広いので、食器をまとめて置けたり、野菜を洗うのに重宝しますよ。

素材は人工大理石とステンレスの2タイプから選ぶことができます。

⇒TOTOキッチン、グラッソ比較

パナソニックキッチンのシンク

PaPaPaシンク

ショールームで目にとまった、PaPaPaシンクがとても魅力的でした。

思っていた通りシンクはとても使いやすく、空間をうまく使っているなと感心しきりです。

狭くなりがちなシンク周りにスタンドを置くことで、シンクの上でもまな板が使える様になりました。

レンジフードはエコナビ付きで簡単に洗えるものにしました。

とても快適なキッチンになったかなーと思います。

 

パナソニックリビングステーション

フライパンや大きなお鍋が、スポッとL字型のシンクに収まります。

主婦の声を、反映して開発された、パナソニックのPaPaPaシンクになります。

シンクの使いやすさを追求し、シンクにも作業性を持たせることで、作業スペース+αになってます。

⇒パナソニックシステムキッチン比較

クリナップ、リクシル、TOTO、パナソニックのキッチンシンク まとめ

クリナップの洗エールシンク、リクシルのWサポートシンク、TOTOのスクエアすべり台シンク、パナソニックのPaPaPaシンクがキッチンに付きます。

洗エールシンクなら汚れにくく、洗いやすいを実現し、日々の調理が格段とラクになります。

Wサポートシンクは、2段のレーンと2種類のプレートを組合せて、調理と片づけをダブルでサポートします。

スクエアすべり台シンクは、シンクが広いので、食器をまとめて置けたり、野菜を洗うのに重宝します。

スルスル水がすべるように流れます。

PaPaPaシンクは、主婦目線で使いやすさを追求し、シンクにも作業性を持たせています。

作業スペース+αをキッチンにもたらしています。

空間をうまく使っているなと感心しきりのシンクになります。

汚れにくく、洗いやすいを実現し、日々の調理が格段とラクになる、機能性シンクがあなたのキッチンに付きますよ。

 

 

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢で注文住宅、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP