子供部屋のロフト収納 メリット・デメリット

● 子供部屋のロフト収納のメリット・デメリット

 

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

子供部屋にメリット満載のロフト収納がつきますよ。

お子様が探検とか隠れ屋など、大変喜んで使っていただけるロフト収納になります。

ロフトで寝るのが楽しみになります。

ニャンちゃんもお気に入りのロフトになります。

好奇心旺盛ですから、いろんな使い方をお子様なりに考えて楽しんで頂けます。

タタミ4帖の広さのロフトのある子供部屋になります。

あなたも、利便性より創造性を取ったと思って満足していただけますよ♪

子供部屋にロフト収納がつきます!

子供たちのお気に入りです。

天井の高い、ロフトで寝るのが、楽しいみたいです^^

お気に入りのオモチャや絵本も持ち込んでます。

秘密基地を手に入れた感覚なんでしょうね!

子供部屋のロフトは、山小屋の雰囲気で、子供たちのお気に入りです。

ありがとうございました!

 

子供は探検とか隠れ屋などと言って大変喜んでいます。

ロフトの掃除は子供に任せるなどのしつけにもなるのかなぁっと、思っています。

巣立った後は、隠れ物置にするつもりです。

 

私は物置になってしまっても、収納スペースがそれだけ確保されるってことだから、絶対に重宝だと思います。

収納はいつだって、多ければ多いほどいいです。

 

使いやすいとか、使いにくいとか子供にはあまり関係ないですよね。

子供のお気に入りの場所になっています。

好奇心旺盛ですからいろんな使い方を自分なりに考えて楽しんでいるみたいです。

利便性より創造性を取ったと思って満足しています。

 

我が家のニャンちゃんもお気に入りです。

娘が小学生の時はずっとロフトに一緒に居ました。

リビングのロフトです、上から下を見下ろせるのもおもしろいですね。

夏は暑いですが、嫌というより、楽しい方が上回っていたのでは?と思ってます^^

中学生になった今でも本人にとっては落ち着く場所のようです。

 

使い方うんぬんより、まずは子供の遊び場として利用してみようと思っています。

少しでも子供がのびのびと育てる家を目指して、いろいろと考えてロフトは造って頂きました。

やっぱりロフトってあって良かったですね。

ありがとうございました。

 

手に触れると優しい、杉の集成材のはしご付きのロフト収納になります。

4帖の広さのロフトがある子供部屋になります。

化粧梁がかかって、山小屋の雰囲気のあるロフト収納になります。

おもちゃに始まり、布団や衣類も収納できます。

お子様のヒミツ基地にもなりますよ!

ロフト収納のメリット

寝室になります。

小学生のお子様の秘密基地になります。

勉強するスペースにも使えます。

中学生のお子様の落ち着く場所になります。

お子様の創造性で使い方はいろいろ拡がりますよ!

お子様が家から巣立った際は、収納・物置として使って頂けます。

デットスペース(天井高1.4m)有効活用

2階の天井裏の閉じてしまっている空間(屋根裏)を有効に活用できるという側面もあります。

そこで大切になってくるのが建築基準法による以下の縛りです。

・天井高さが最高で1.4mを超えない。

・昇降は取り外し可能なもの(はしご)である。

・2階の床面積の1/2以下である。

以上を満たさないと3階建になってしまいます。

あと、3つの条件を満たせば、固定資産税の課税対象面積には含まれません。

ロフトの施工面積分、税金が抑えられたことになります。

これもメリットと言えますね♪

思春期の心配ごと

閉じこもり部屋の温床になりはしないか?

勝手に落書きとか、やり放題になってしまったら・・・

という心配があるようでしたら、リビングのロフトもありです。

ロフトから広いリビングを見下ろせる感覚というのも面白いものです。

お子様が、ロフトでくつろいでいる様子もリビングからよく判ります。

ロフト収納のデメリット

・昇降が面倒、お子様にとっては危険になってくる。

・収納物を持ったままの、はしごや階段の昇り降りは難しい。

・夏の厚さ対策

・床面積は省かれてもやはり施工のコストはかかります。

夏の厚さは断熱性能、窓の設置、空調で対策を施すことができます。

採用・不採用の検討材料は昇降の面倒さになってきます。

子供部屋ロフト収納のメリット・デメリット まとめ

夏の厚さより楽しさの方が上回る、子供部屋のロフト収納になります。

上から下を見下ろせる面白さを味わって頂けます。

天井高さが最高で1.4mを超えない、昇降は取り外し可能なもの(はしご)である、2階の床面積の1/2以下である。この3つをクリアしてデットスペースを有効に活用したロフトになります。

お子様が探検とか隠れ屋など、大変喜んで使っていただけるロフト収納になります。

ロフトで寝るのが楽しみになります。

ニャンちゃんもお気に入りのロフトになります。

あなたも、利便性より創造性を取ったと思って満足していただけますよ♪

造って良かった!と思って頂けるロフトになります。

好奇心旺盛ですから、いろんな使い方をお子様なりに考えて楽しんで頂けます。

お子様が伸び伸び育つマイホームになりますよ。

 

⇒ 明るい解放感のある子供部屋、ロフト収納、ボルダリングが楽しめます!

金沢でマイホームの設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

090-2123-6546
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

金沢でマイホーム、デザイナーズ~金沢町家、二世帯、コートハウス、店舗併用住宅の設計

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。

 


PAGE TOP