タッチレス水栓ナビッシュ口コミ(エコセンサー・ハンズフリー自動センサー)

2020年6月6日

● ナビッシュ タッチレス水栓(エコセンサー・ハンズフリー自動センサー) 口コミや評判

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

便利さを知ると絶対欲しくなるのがキッチンのタッチレス水栓です。

家事担当のあなた目線でキッチンの便利機能のベスト3になります。

「ラクだね~」と絶賛すること間違いありません!

これからずーっと手放せなくなりますよ♪

あなたのキッチンにもタッチレス水栓、ナビッシュが付きますよ!

タッチレス水栓ナビッシュ 口コミ・評判

その便利さを知ってしまえば絶対欲しくなるのがキッチンのタッチレス水栓です。

タッチレス水栓はいくつかメーカーから出ていますが、LIXILのナビッシュが反応が非常によいという評判だったのでショールームで実物見て決めました。

センサーは2つあって、水栓の下に手や洗い物を持ってくれば水が一定時間でて勝手に止まり、水栓の上部に手をかざせば、もう一度手をかざすまで出るようになってます。

ナビッシュなら、手をかざす位置で浄水と普通の水の切替ができます。

お湯、水の切替、水量調節も2、3日で慣れました。

キッチンで料理する時、洗い物をする時も、レバーハンドルを触らずに水を出せるということがこんなに快適だとは思いませんでした。

洗い物が特にラクです。

汚れや泡がついた手で、ハンドルを触らなくていいし、かなり節水にもなりました。

以前なら洗い物する時、水は出放しだったのですが、今は食洗機も使うようになったので、ササっと洗ってすぐ隣の食洗機に入れています。

食洗機に入れている間は、水道止まってます。

また洗い物を持って水栓下に手で持っていけば勝手に水が出て、ササッと洗って、食洗機へ。

その都度水が出て、その都度水が止まります。

これ手動でやろうとすればすれば、何回もハンドル上げたり下げたりしなければ・・・。

まぁ普通なら出しっ放しですよね。

相当な節水になっているのでは無いかと思います。

水栓のハンドルも汚れないし、めんどくさく無いし、カッコいいし、最高です。

 

良いところは、ひき肉をこねた汚れた手で、水栓を触らず、手を洗える点です。

水栓の根本に、水滴が溜らないので水垢になりません。

以前のキッチン、水栓の根元にたまる水垢と、しょっちゅう格闘していました。

それが無いだけでも、ハンズフリー水栓、とっても満足しています。

 

私が絶対欲しい!といって付けてもらいました。

主人も正解だったと喜んでいます。

ちなみにトイレの水栓も自動です。

洗面化粧台は必要ないね、と言って付けませんでしたが、2年経って、やっぱり付けておけば良かったと後悔しています。

 

 いろいろオプションでつけましたが、その中でも一番のヒットがタッチレス水栓です。

こんなラクだなんて、思っていませんでした!

確かに、はじめは慣れなくて少し触っただけで、水が出てビビリましたが、とにかく水栓の根元の部分が、水垂れしないので掃除がラクです。

今日も息子とハンバーグをこねていました。

ヒジをセンサーにかざすだけで水が出て「ラクだね~」と絶賛。

他の部分で、予算を削ってでも自動水栓にして、よかったと思っています。

 

うちはナビッシュにしたくてLIXILのキッチンにしたと言って過言ではありません。

そろそろ新築して1年になりますが、今のところまったく支障はありません。

とっても便利です!

お料理中も、入れて良かったなぁ~ていつも思っています。

タッチレス水栓は家事を担当する主婦目線で、新築時に導入してよかった便利機能のベスト3に入ります!

 

調理中、手が汚れている時に、蛇口を汚さずに手を洗うことが出来ます。

蛇口に水滴がつかないので、水垢がつきません。

不満な点はセンサーが敏感すぎること(笑

ちょっとうざい時があります。

 

オープンキッチンでLIXILのタッチレス水栓を使用しています。

4歳の息子、手をかざすだけなので、台所の水栓が使えるようになりました。

自分で食器を下げて水を出して漬けてくれるようになりました。

汚れてる手でレバーを触りたくないですから、調理中の手が汚れてる場合がかなり役立ちます!!

無精者なので、キッチン内に回らなくても使えますし・・・

実家は足で蹴って、操作するタイプにしたのですが、イマイチ不便です。

家族の評判はかなり悪いです

私のような無精者は反対から操作できないのは向いてないだけかもしれません

 

リクシルのナビッシュは超おすすめです!

メリットは言うまでもなく、ハンバーグをこねていたり、魚をさばいていたり、とにかく両手が汚れていても、自動で水やお湯が出てきたり止まったりするので、本当に便利!

レバーを洗う手間がいらず、もう手放せません。

節水にもなると思います。デメリットは、よそのキッチンを使うときに、つい癖で蛇口付近に手をかざしてしまいます^^

 

タッチレスはやっぱり便利です!

流れてる水温がLEDの色で表示されてるので、熱いか冷たいか一目瞭然!

これ良いわぁ。

 

キッチンが自動センサーの水栓になってお湯の無駄遣いが減りました。

時々センサー近くに手が行ってしまい、思いがけず吐水することはあります。

水量がチョッとモノ足りないかなーっと思うこともありますが、節水のためには仕方ないですね。

大満足です。

デザインもシャープで素敵です。

 

【SF-NB471SXU】LIXIL キッチン用タッチレス水栓 ナビッシュ(エコセンサー付) B7タイプ 【リクシル】

価格:46,294円
(2020/5/23 14:59時点)

ハンズフリー自動センサーの口コミ・評判

ナビッシュを使い始めて半年たちますが、不満な点は全くありません。

新しいキッチンには自動センサー付き水栓をおすすめします。

ナビッシュの中でも、「ナビッシュハンズフリー」機能がついていない機種はセンサーに手をかざす必要があります。

「ナビッシュハンズフリー」機能があれば、レバー操作どころか、センサーに手をかざすといった動作すら必要ありません。

前のキッチンはシングルレバー水栓でした、料理で汚れた手を洗うためにもレバー操作が必要で、そのたびにレバーも汚れてしまうというストレスを感じていました。

ナビッシュにしてからは、洗った手で汚れたレバーを操作する必要がなくなり、完全にストレスフリーです。

手をかざす必要のあるタッチレススイッチだけでも24%、「ナビッシュハンズフリー」であれば31%の節水効果があるそうです。

吐水口のところのレバーを右に回すとシャワー、左に回すと整流になります。

シャワー切替も直感的に操作できます。

タッチレスセンサーに手をかざした時にポンといった動作音がなります。

もし動作音が不快な場合には設定で音OFFにも変更できます。

こんな感じで細かい設定ができるのもナビッシュのいいところです。

 

エコセンサーの口コミ・評判

とにかく便利です。おススメです。

エコセンサー付きなので水圧、水温とも変えることができます。

付けると高額だとか、センサーが壊れたら、修理代もバカにならないってことは、気になると言えば気なります。

でも何を付けてもいずれは、壊れます。

便利さとコストを天秤にかけて、どちらを選択するのか?ですね

今のところ、後悔は全くありません。

 

1年使ってみてエコセンサー機能付きを選んだことが最も重要でした。

エコセンサーというのは、タッチレスでお湯を出すか、水を出すかを切替できる機能のことです。

ちょっと包丁を洗い流したいときは温水で良いですが、野菜を洗うときは冷水を使います。

そんなとき、エコセンサー機能が付いてないと、どうしても濡れた手で水栓に触ることになり泡がついてしまいます。

私の場合、寒い季節は特に頻繁に切替してます。

我が家の様なオール電化住宅の場合は、この温水と冷水の切り替えがかなり重要になります。

 

はじめてタッチレス水栓を使用しましたがとても便利で快適です。

デザインもスタイリッシュです。

エコセンサーがあるのはうれしいですね。

水の出し止めが楽なので節水にもつながりますし、あとはセンサー等が故障せずに使用できれば完璧です。

 

高性能ビルトイン型浄水器の口コミ・評判

私の希望でセンサー式水栓、なおかつ浄水機能が付いたものが良くて選びました。

ナビッシュの使い勝手はかなりいいですよ!

センサーの反応も良好です。手が汚れているときは本当に便利。

懸念されている水量の調節ですが、少し硬めの作りなので細かい調節はやりにくいです。

ただ、水量の調節あまりしません。我が家は一律多すぎず少な過ぎずの量の位置です。

我が家に来る人はみんな使いやすいと言ってくれます。

実家は手動で浄水切り替えで面倒みたいですが、ナビッシュは浄水側のセンサーをタッチすれば良いだけなので料理にも使いやすいと思います。

あと、普通の水栓だと子供が出しすぎるんですよね~!キッチンで洗ってもらうことが多いです。

 

LIXILのタッチレス水栓を使っています。

浄水器も一緒になっててスッキリしています。

とても気に入っています。

今まで一度も壊れた事ありません。

浄水器カートリッジの交換に年に1万かかるだけです。

実際かなり便利です。

実家が新築しますが、絶対にタッチレスにした方がいいよ!とプッシュしています。

水圧も手動で変えられます。

私がこれじゃなきゃ嫌だと言って付けましたが、主人も正解だったと言っています。

ちなみにトイレの水洗も自動です。

洗面もタッチレス水栓にすればよかったと後悔してます。

 

使い勝手はかなりいいです!

センサーの反応も良好で、手が汚れているときは本当に便利です。

水量の調節ですが、少し硬めの作りなので細かい調節はやりにくいです。

ただ、我が家は水量の調節あまりしません。

多すぎず少な過ぎずの水量で何の問題もありません。

来る人、使った人はみんな使いやすいと言ってくれますよ。

私の希望でセンサー式水栓で、なおかつ浄水機一体型が欲しくて選びました。

実家は手動で浄水切替えで面倒でしたが、ナビッシュは浄水側のセンサーをタッチすれば良いだけなので料理にも使いやすいです。

あと、普通の水栓だと子供が出しすぎるんですよね~!

なので手洗いもキッチンで洗ってもらってます。

 

安心して美味しい水が飲めるのが一番イイですネ♪

お手入れもラク、取替えのタイミングを知らせてくれるのも助かります。

 

≧INAX/LIXIL タッチレス水栓 ナビッシュ【JF-NA411S(JW)】(ハンズフリータイプ)浄水機ビルトイン型 逆止弁 A10タイプ

価格:92,440円
(2020/5/23 15:01時点)

ルミナスサインの口コミ

デザイン、機能性、用途どれを取っても素晴らしいです。

センサー式にしてからは水の出しっぱなしは無くなりました。

ルミナスセンサーの温度変化の色変化は見た目にも華やかです。

1つだけ難点があるとしたら、我が家のシンクだとちょっと大きかったかな?

引き出し式のホースなので取り回しに困る事はありません。

ホース引出し機能の口コミ

シャワー水栓が伸びるので、サッとシンクを水洗いできます。

毎日シンクを洗うのですが、磨いた後の泡を落とすのに、手で水をかけていては、なかなか綺麗になりません。

アパート時代の小さなシンクは、手で十分事足りていたのですけど

あとハンドシャワー水栓は、容器に水を入れる場合などにも重宝しています。

 

タッチレス水栓、ナビッシュ使ってます。3年目です。

使い心地は最高です!!ほんとに良いです!

が。維持費が結構かかります

浄水カートリッジは一年に一度、一万円未満なのでコレはたいした事ありません。

問題なのが「電磁弁」

水を出したり止めたりする部品なんですが、コレが壊れると手かざしで水を出したりが出来ません。

ほぼ2年位で壊れます。(壊れますとマニュアルにも書いてある(笑))

修理にサービスマン呼ばないと駄目なので1回壊れるとおよそ2万くらいかかります。

しかも、浄水の方と各1コづつ計2個電磁弁がついてます。

我が家も2年半くらいの時に一度修理に来てもらってます。

維持費はかかりますが、それが苦にならなければ絶対おすすめです。

デザイン

デザイン重視で選びました。

色の変化と手元を照らすライトがお洒落です。センサー式なのも近未来的でいい。

思ったよりも大きくなく、シンクの周りにもぴったり。

カートリッジが飛び出てないのもgoodです。

浄水器としても満足のいく性能で、水がおいしく感じられます。

機能とデザインは文句無しなのですが若干お値段が張るのがマイナスですかね。

 

とてもデザインがカッコイイですね。

これを付けているだけでシンクが一段階パワーアップしたような気がします。

一体型の浄水器も「おおっ」と思える浄水器だと思います。

 

[SF-NB454SX] LIXIL キッチン水栓 乾電池式B5タイプ キッチン用タッチレス水栓 ナビッシュ ノーマルタイプ 一般地 【送料無料】

価格:45,697円
(2020/5/23 15:03時点)

リクシルナビッシュの口コミ評判 まとめ

便利さを知ると絶対欲しくなるのがキッチンのタッチレス水栓です。

家事担当のあなた目線でキッチンの便利機能のベスト3になります。

ハンズフリー自動センサーで手をかざす必要すらないタッチレス水栓になります。

エコセンサーでお湯と冷水の切換えもタッチレスになります。

水温の変化もルミナスサインで鮮やかに判ります。

ホースも引出せてシンク洗いがラクにできます。

ビルトイン浄水器付のタッチレス水栓になります。

デザインで選ばれるグーズネック水栓のカッコいいキッチンになります。

「ラクだね~」と絶賛すること間違いありません!

これからずーっと手放せなくなりますよ♪

あなたのキッチンにもタッチレス水栓、ナビッシュが付きますよ!

あなたも使いやすさを追求したキッチンを一緒につくっていきませんか?

 

金沢市で注文住宅の設計 一級建築士 進藤裕介
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

090-2123-6546
設計メニュー
お客様の声

 

あわせて読みたい記事


PAGE TOP