サンワカンパニー グラッド45、オッソ 口コミ・感想

2020年5月30日

サンワカンパニー グラッド45 口コミ・感想

グラッド45のデザインはやっぱり素敵です

天板は標準のヘアライン仕上げを選んでます。

ステンレスを選んだ時からキズや手垢は覚悟していました。

使ってみてキズや手垢は覚悟していたほどでもなく、そこも味ととらえています。

シンクは幅80㎝と広く、プロの職人さんが一枚一枚丁寧に仕上げているスクエアな仕上げが大きなポイントでした。

オーダーメイド感があるので、お値段的にもお値打ちに感じています

デザイン重視で選んだアイランド型ということもあって、使い勝手についてはこちらから歩み寄っています。

水切りカゴを置くスペースはあるものの、そこに置いてしまうとで折角のデザインを損ねかねない、なんて思ってしまうものですから、その都度ティータオルで拭いて片付けるようにしています。

今回食洗器も付けてないこともあって、最初はやっぱり水切りカゴがあったらと思ったことはあります。

ただ今はそのやり方にすっかり慣れました。

水切りカゴがない事で、キッチンがスッキリしています。

水切りカゴ自体の掃除の必要もなく、よかったように思います。

シンクの中は、凸凹がなく、鋭角なスウエア仕上げです。

見た目スッキリを崩したくないが為に、物を置く場所がありません。笑

これも最初から分かっていたことなので、スポンジなどは四角いステンレスのザル&ボウルを利用しています。

排水口のまわりは、今まで使っていたキッチンに比べると、口が大きいので掃除もしやすく特に問題ありません。

 

グラッド45の天板はヘアライン仕上げでとても美しい。

見た目が美しい、それがゆえに非常に傷つきやすいものでもあります。

陶器の底、金属のフライパン等々で簡単に傷になります。

我が家は布巾を敷いて硬そうな調理器具や器はその上に置いての調理が多いです。

一方でシンクの中は諦めて傷は気にしないことにしようとしてます。

業務用キッチンのような無骨な印象にしたかった。

主なキッチンメーカーのショールームも見に行きましたが、どれも多くの機能が盛り込まれ、そんな機能は我が家に必要ないのに、と感じるものばかりでした。

そんな中、グラッド45はシンプルな構造になっていたことは好印象でした(その分値段も安かった!)。

 

サンワカンパニーさんのショールームに夫婦で出かけて行き、実物を見て「やっぱりこれだね♪」となりました。

サンワカンパニーさんの商売の仕方にも惹かれました。

他のメーカーの多くは、カタログ価格に掛け値が乗っていてドンブリ勘定で値引するという価格体系、素人の私たちにはわかりにくい。

サンワカンパニーさんは最初から定価明示で値引きはありませんが明朗会計なのも好印象でした。

グラッド45のシンクは直線的なカットで横が80cm幅広です。

使い勝手も広がり気に入っています。

このシンクが角ばっているおかげでスタイリッシュな雰囲気になったと思います。

 

シンク自体は静音仕様なので音は気にならないのですが、失敗したのが水栓

ドイツ製グローエ水栓は自分で選んだので仕方ありませんが、結果失敗でした。

今まで色んなキッチンで水栓を使ってきました。

不便を感じたことがなかったので、どの水栓を選んでも機能はだいたい同じだろうと軽く考えていました。

あまり調べず完全にデザインだけで選んでしまいました。

使ってみて使いにくい!

展示場では水が出ないので気づかなかったのですが水の量の調整がうまくできません。

蛇口の位置が通常より高いのか?

水跳ねがすごいので水の量を少なくしようとするとシャワーに切り替わらない

シャワーが壊れているのかと思い問い合わせすると、ある程度の水の量がないとシャワーに切り替わらないとのこと

なので洗い物をした後、周りはビチョビチョ

浄水器専用の水栓もグローエです。

角度が下向きではなく、少し斜めになっているので、出す量が多いとシンクから水が飛びだしそう。汗

実際には飛び出しはしませんが注意が必要です。

キッチン水栓とシンクの相性の確認は必要ですね。

後、ハンドル操作が逆?(車で言う左ハンドルのような感じ)

しばらくの間、開け閉めが逆にしていまい、ちょっとしたパニックになります。

私だけでなく家族みんなそうなるので、日本人の感覚では逆なんじゃないかと思います。

今はもう気にならなくなりましたが、時々くる妹はまだ慣れず、自分のマンションに付いている日本製の『タカギ』の良さを改めで感じているみたいです

毎日使う物なので、もう少し機能性も考えるべきでした。

でもやっぱりデザインは素敵です^^

 

クッキングヒータは日本のハーマン社(ノーリツ)のプラスdoです。

全面五徳、非対称なバーナーの配置と火力、アナログな火力調整ツマミ、全面のステンレスの見た目が特徴的で、男らしいデザイン。

東京ガスのショールームで初対面でしたが、私も妻も一目ぼれで即決で導入は決まりました。

デザインに惹かれて買いましたが、コンロとしてもとても使いやすいです。

左下の強力バーナーもいいし、真ん中の小さいのが健気にがんばって暖めている様子も可愛らしい。

この小さいのは侮れず、小さめのコーヒーポットのお湯を沸かしたり、大なべをじっくり加熱・保温する時には結構使えます。

全面五徳も鍋をちょっと火から避けて置いたりできるので便利。

五徳の掃除も馴れてしまえばたいしたことは無い。

お湯で油を落とし、布巾で拭けば終わり。

気に入ったものなので大事にしようという気になるのか、掃除もそれほど手間には感じないです。

現在発売中の他機種を眺めると、デザインで似た機種がいないのは事実。

メーカーサイトには定価26万円とありますが、ネット通販では11万円くらいからあります。

我が家もそのくらいの値段で買いました。ネット通販万歳です。

五徳が似たようなデザインの商品をリンナイも出しています。

ただリンナイの製品には魚焼きのグリルはありません。

 

ショールームで一目惚れしたグラッド45。

その後5、6社のショールームを見て廻りましたが、どのキッチンを見ても気持ちは揺らぎませんでした。

全く目移りしませんでした。

キッチンの上には何も置かないように心掛けています。

調理用品や調味料は、掃除の手間が増えるだけなので全て引き出しの中に入れています。

洗いカゴも置かず、サンワカンパニー純正オプションの水切りプレートで対応しています。

2年使用後の現状は、ステンレスなので仕方ありませんが、ワークトップやシンクに細かいキズや凹みは見られます。

バイブレーション仕上げにしていたら、キズももう少し目立たなかったかもしれません。

気にしていたら料理なんて出来ませんからね。

ワークトップやシンクの中のキズはあきらめました。笑

見た目にはやはり、ひと目惚れしたヘアライン仕上げが素敵です♪

 

ステンレス全体の仕上げはキレイだと思います。

角ばった作りでエッジが効いてて、コーナーごとの処理も丁寧に収まっています。

傷はメチャクチャつきます

ヘアラインの流れに逆らって付いたキズは、目立ちます。

しょうがないよね、お飾りじゃないんだから

最初は注意を払ってましたけど、それでも付きますから。

いちいち気にしてたらストレスで家事出来ませんからね。

今の所サビらしきものは見えません。

それほど気にはしてないですけど、大丈夫みたいです。

このキッチンのデメリットは傷がつき易い事だけですね。

 

収納容量、選択される全体幅によって容量は変わりますが、サンワカンパニーキッチンでの魅力は、開口部の広さにあります。

開口部が広い事で容量は充分に確保されていますし、奥行きも深すぎず、目一杯引き出しても物が取りづらいなど、作業に支障が出る様な煩わしさはありません。

むしろ、どこに何があるか視認もし易いので使い易いです。

トータル的に見れば結果OKでした。

使ってみての評価としてはバランスの良いキッチンだと思います。

 

オッソの口コミ、感想

ステンレスキッチンに憧れていたので、まずはクリナップのショールームへ⇒その流れで、リクシル、パナソニックとはしごしました。

どれも使いやすそうで、扉のバリエーションも豊富でキレイなキッチンでしたが・・

結局選んだのは、サンワカンパニーのオッソです。

ひと目惚れです。主人も大賛成でした♪

オッソには、便利で使いやすい引出し収納なんてありません。ステンレスのワークトップとフレームのみ。

もともと業務用みたいなキッチンにも憧れていたので、この雰囲気が大好きになりました。

まあ、ステンレスは傷が気になるのは確かです。

すでに傷がいくつかありますが、全然気にせず、磨きをかけています。

 

フレームキッチンにしてとても満足しています。

良かった点はやはりとてもスタイリッシュで、普通のキッチンにはないカッコよさがあります。

私の好みにとてもあっていて気に入っています。

いろいろなものがすぐに出し入れできて、使い勝手もとても良くて、是非とも勧めたいです。

 

キッチンの使い心地は快適です。

私にとって余計な機能は不要、無駄な装飾が無いのはやっぱり良いですね。

ただ水垢が凄くつきます。

かなりマメに拭いてお手入れしないと汚れてしまいます。

食器、フライパンやお鍋がステンレスカウンターに当っているのでしょう。

知らず知らずのうちに細かい擦り傷が付いています。

 

キッチンはサンワカンパニーのオッソです。

装備は最低限の物しか入っていませんが、使い勝手も悪くないしシンプルで良いキッチンだと思います。

実際にショールームでオッソを目の前にした感想は、ただただカッコいい…。

無骨なステンレスフレームに一目惚れです。

対抗馬のウッドワンのフレームキッチンは一瞬にして飛びました。

妻のテンションもアゲアゲでした。笑

見た目的にも価格も、サンワカンパニーのオッソしかない!

配置はペニンシュラ型、見た目重視の角シンクにしました。

 

本当は違う商品を見にモデルルームに訪問したのですが、モデルルームで一目惚れしてフレームキッチンを取り付けました。

長年の夢だった魅せるキッチンを実現できて本当に満足しています。

フレームキッチンなのに無理をして配管類を隠そうとしている製品もありますが、逆にその姿勢がカッコ悪いと思います。

そうは言うものの、当初は見える収納が少し不安だったのですが、このキッチンにしてからキッチンの整理整頓が苦痛ではなくなりました。

収納も、心配していたほど困らなかったので良かったです。

こちらも人気記事です。


PAGE TOP