小松市で、満足感たっぷりのマイホームができます。

2017年1月29日

● 小松市で、満足感たっぷりのマイホームができます。

こんにちは、進藤裕介(しんどうゆうすけ)です。

小松市で思い残しがない、満足感たっぷりのマイホームができますよ!

マイホームの設計段階で、あなたのご要望がしっかり伝わります。

工事中にも仕上げ材料の選択、色決めなどで、あなたの思いを反映できます。

マイホームの思いは、メールでもLINEでも伝えることができます。

0429

あなたの家づくりの思いを、しっかり伝えることができます。

家づくりの相手が、設計事務所、工務店、ハウスメーカーどこであっても、こうしたいと言うあなたの意志を伝えることができない相手では、夢やあこがれがストップしてしまいますよ!

設計段階で方向性が固まっていても、現場の進行の状況でいろんな気づきも出てきます。

さらにイイ家ができる可能性が拡がるのです。

小松市在住Yさんに「イイ打合せができました^^」と感想を頂きました。

今日は進藤さんとユニットバスについての打ち合わせを行いました。

とはいっても、直接会って話をしたわけじゃなくメールでです。

今の時代、メールは本当に役に立ちます。

内容は、ユニットバスに取り付ける「窓」の位置について。

隣家側に窓をつけるか、中庭側に窓をつけるか、どちらにしますか?というものでした。

実施設計の打ち合わせ段階では、隣家側に窓をつけることで固まりつつあったのですが、進藤さんのほうから、「中庭側に窓をつけると、窓を開けたとき、中庭が見えますよ。また、風通しもよいですよ」という提案。

提案というよりは、こんなこともできますよ。というニュアンスでした。

妻も中庭側の窓には賛成で、すんなりと中庭側に変更することを進藤さんに伝えました。

こんな内容のことも、メールで画像を添付して送って下さると、コミュニケーションをしっかりとることができます。

もっとも、毎日、毎朝・晩とメールをチェックしないといけないのですが。

まあ、これについては、進藤さんも施主である私も全く苦にしていないようです。

 

いかがですか?

メールもそうですが、最近ではLINEも使ってます。

お施主様の方で、グループをつくって頂くこともあります(笑

LINEなら、あなたも気が付いたときに、気軽に送れて、そのやり取りが後に残る。

そうすれば、やり残し、思い伝え忘れが減ります。

もちろん、現場でお逢いして毎週定例の打合せで、おさらいも重ねていきます。

ブログの印象では、とことん施主と向き合ってくれるところ、という印象を受けました。

これは予想通りで、本当に私たちのこだわりをよく聴いてもらいました。

 

メールやLINEも使って、家づくりのコミュニケーションをしっかりとることができますよ!

思い残しのない、満足感たっぷりの家づくりができます。

家族の夢がかなう!注文住宅やマイホーム 一級建築士設計の成功事例10選
お名前(姓)  *  (例)山田
Eメール  *

 

小松市でマイホームの設計「A-box設計室」
営業時間:8時30分から19時
定休日:日曜日
金沢市三十苅町丁13-1

076-298-6040
設計メニュー
お客様の声
オープンハウス
工務店のご紹介サービス

 

小松市でマイホーム、デザイン住宅、二世帯の設計、店舗デザイン

石川県(金沢市・白山市・小松市・野々市市・能美市・津幡町・内灘町等)で設計のご依頼を頂いております。


PAGE TOP